コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メードストン Maidstone

世界大百科事典 第2版の解説

メードストン【Maidstone】

イギリス,イングランド南東部,ケント州中部にある商業都市で州都。地名は〈少女の石〉の意と解されている。人口13万9000(1993)。メドウェー川中流に位置し,肥沃な農業地帯の中心として穀物やホップが取引されるほか,製紙,醸造,印刷,農業機械などの工業もみられる。ローマ時代の駐屯地跡もあるが,中世にはカンタベリー大司教に属し,宗教改革までは大司教の居館があった。1567年のフランドル人定住以後は羊毛,麻工業で栄えたが,しだいに製紙業に重点が移った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メードストン
めーどすとん
Maidstone

イギリス、イングランド南東部、ケント県の県都。人口13万8959(2001)。ロンドン東南東約50キロメートル、メドウェイ川の中流に臨む。「イングランドの菜園」と称される肥沃(ひよく)な農業地域を後背地とし、商業都市として発展した中世以来の地方都市。16世紀にオランダのフランドル地方から宗教亡命者が渡来し、彼らが始めた繊維工業が盛んであったが、20世紀に入ってからは製紙が主産業となっている。[久保田武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メードストンの関連キーワードケント(イギリス)ワットマン紙ウォットンワイアットハズリットリーズ城

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android