モット(Nevill Francis Mott)(読み)もっと(英語表記)Nevill Francis Mott

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モット(Nevill Francis Mott)
もっと
Nevill Francis Mott
(1905―1996)

イギリスの物理学者。リーズに生まれる。1927年ケンブリッジ大学を卒業。マンチェスター大学物理学講師、ケンブリッジ大学講師を経て、1933年ブリストル大学教授となった。1954年以後はキャベンディッシュ研究所長。初め原子核や原子の衝突現象の研究を行い、クーロン場による電子の散乱などを論じた。マッセイHarrie Massey(1908―1983)との共著『原子衝突の理論』The Theory of Atomic Collisions(1933)はこの分野の代表的な書である。ついで固体量子論の研究に転じ、金属・合金、半導体、結晶塑性など多方面で成果をあげた。代表的な仕事に強磁性遷移金属の遍歴電子モデルに関する研究(1935)があり、また1949年には化合物磁性体の研究から金属・絶縁体転移を予言したが、これは磁性理論史上重要な意義をもつ。半導体については整流理論(1939)や励起子(1938)に関する多くの研究があり、誘電体の色中心の機構(1938)、写真感光機構の理論(1938)も知られている。

 結晶塑性物理学の発展に果たした役割も大きい。テーラーGeoffrey Ingram Taylor(1886―1975)による結晶の転位概念の導入以来、1950年代初めまでの古典論を今日みるような転位理論に発展させたのはモットらのイギリスの研究者たちで、モットには、転位のすべり運動の理論(1948)、ラセン転位理論(1950)などがある。また前記『原子衝突の理論』をはじめ、ジョーンズHarry Jones(1905―1986)との共著『The theory of Properties of metals and alloys』(金属・合金の物性論。1936)、ガーネイ Ronald W. Gurney(1898―1953)との共著『Electronic Processes in Ionic Crystals』(イオン結晶の電子論。1940)などの優れた教科書を著した。1977年、アンダーソンとバン・ブレックとともに、乱れた系の物性に関する理論的研究で、ノーベル物理学賞を受けた。

[常盤野和男]

『モット、マッセイ著、高柳和夫他訳『衝突の理論』上下(新版・1975~1977・吉岡書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android