コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンダーソン アンダーソン Anderson, Carl David

37件 の用語解説(アンダーソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンダーソン
アンダーソン
Anderson, Carl David

[生]1905.9.3. ニューヨーク
[没]1991.1.11. カリフォルニアサンマリノ
アメリカ物理学者。カリフォルニア工科大学に学び,1930年学位を取得。同大学教授 (1939) 。 30年ウィルソン霧箱を磁場中に配置して,γ線と宇宙線の研究に着手。その研究中に 32年 P.ディラックが数年前に予言していた陽電子を発見。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アンダーソン
アンダーソン
Anderson, Garret

[生]1836.6.9. オルデブラ
[没]1917.12.17. オルデブラ
イギリスの女医の草分け。女子医学校の創始者。女子の医学校入学が認められなかったため,1865年,ロンドン薬剤師の資格を得てセントメアリー施療院の薬局に入る。さらに婦人病院 (のちに彼女の名前をとってエリザベス・ガレット・アンダーソン病院と改称) に移り,そこで女子の医学教育を始めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アンダーソン
アンダーソン
Anderson, James

[生]1739. エディンバラ
[没]1808.10.15. エセックス,ウェストハム
スコットランドの篤農家,経済学者。実際に農業経営に従事し,穀物条例,穀価,移民,酪農など農業問題に関する多数の著書を公刊。地代の起源が土地の肥沃度にあることを説き,D.リカードや T.R.マルサス差額地代論の基礎を提供したことでも著名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アンダーソン
アンダーソン
Anderson, John

[生]1893. スコットランド
[没]1962
オーストラリアの哲学者。グラスゴー大学に学んだ。カーディフグラスゴー,エディンバラ各大学で講じたのち,1927年オーストラリアのシドニー大学哲学教授。最初,絶対的観念論の立場に立ったが,のち W.ジェームズ,S.アレクサンダーらの新実在論から影響を受け,実在論の立場に立った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アンダーソン
アンダーソン
Anderson, Dame Judith

[生]1898.2.10. アデレード
[没]1992.1.3. カリフォルニア,サンタバーバラ
オーストラリア生れ,アメリカの女優。本名 Frances Margaret。シドニーデビュー。 1918年以後ニューヨークで活躍。 J.ギールグッド主演の『ハムレット』の王妃 (1936) ,L.オリビエと共演した『マクベス』のマクベス夫人 (37) ,エウリピデスの原作を R.ジェファーズが脚色しギールグッドが演出した『メデイア』 (47) の演技が有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アンダーソン
アンダーソン
Anderson, Leroy

[生]1908.6.29. マサチューセッツケンブリッジ
[没]1975.5.18. ウッドベリー
アメリカの作曲家。ボストンニューイングランド音楽院を経て,1929年ハーバード大学を卒業。 29~35年ミルトンオルガン奏者をつとめ,ラドクリフ・カレッジで教える。セミ・クラシック音楽の大家で,多数の軽音楽の作品がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アンダーソン
アンダーソン
Anderson, Lindsay

[生]1923.4.17. インドバンガロール
[没]1994.8.30. フランス
イギリスの映画監督,映画批評家。記録映画監督として 1956年からのフリーシネマ運動に参加。記録映画『ロンドンの夜明け前』 Every Day Except Christmas (1957) などの秀作を発表,62年からは記録映画的手法を取入れた劇映画を発表し,国際的にも高く評価されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アンダーソン
アンダーソン
Anderson, Marian

[生]1897.2.27. /1902.2.17. アメリカ,ペンシルバニア,フィラデルフィア
[没]1993.4.8. アメリカ,オレゴンポートランド
アメリカの黒人アルト歌手。 1925年ニューヨークの新人コンクール1位。 35年ザルツブルクトスカニーニに「100年に1人の美声」と激賞される。 39年アメリカ愛国婦人会により人種的偏見からワシントン D.C.ホールで公演を拒否されたが,E.ルーズベルトを含む市民の運動に支援され,代ってリンカーンメモリアル開かれた野外コンサートには7万 5000人の聴衆を集めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アンダーソン
アンダーソン
Anderson, Mary

[生]1859.7.28. カリフォルニア,サクラメント
[没]1940.5.29. ウースターシャー,ブロードウェー
アメリカの女優。 16歳でジュリエット役でデビュー。ロンドンやストラトフォードでもシェークスピア劇に出演。『冬物語』のパーディタとハーマイオニを1人2役で演じた最初の女優としても知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アンダーソン
アンダーソン
Anderson, Maxwell

[生]1888.12.15. ペンシルバニア,アトランティックシティー
[没]1959.2.28. コネティカットスタンフォード
アメリカの劇作家,詩人。ノースダコタ大学卒業後,スタンフォード大学修士課程修了。教師,ジャーナリストを経たのち『白い砂漠』 White Desert (1923) を発表,これは失敗作であったが,ロレンス・ストーリングズとの合作による戦争劇『栄光なにするものぞ』 What Price Glory? (24) の大胆な用語とリアリスティックな戦争場面によって認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アンダーソン
アンダーソン
Anderson, Philip Warren

[生]1923.12.13. インディアナポリス
アメリカの物理学者。ハーバード大学卒業 (1943) 。 J.バンブレックに師事し,1949年学位取得。ベル電話研究所入所 (49) 。キャベンディッシュ研究所教授 (67) ,プリンストン大学教授 (75) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アンダーソン
アンダーソン
Anderson,Robert

[生]1805.6.14. ケンタッキールイビル
[没]1871.10.26. フランス,ニース
アメリカ合衆国の軍人。南北戦争の緒戦となったサムター要塞攻防戦の際の北軍の守備隊長。南部連合の要塞明け渡し要求を拒否したが,1861年4月 12日に攻撃を受け,14日にサムター要塞を明け渡した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アンダーソン
アンダーソン
Anderson, Robert

[生]1917.4.28. ニューヨーク
アメリカの劇作家。寡作であったが,思春期の孤独と成人への儀礼的な手続きを描いた『お茶と同情』 Tea and Sympathy (1953) は,1950年代ブロードウェー演劇を代表するヒット作となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アンダーソン
アンダーソン
Anderson, Sherwood

[生]1876.9.13. アメリカ合衆国,オハイオカムデン
[没]1941.3.8. パナマコロン
アメリカ合衆国の作家。正規の教育はほとんど受けず,さまざまな職業に従事したのちペンキ工場の経営に成功したが,1913年シカゴに移り,いわゆる「シカゴ・ルネサンス」のなかで作家生活に入った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アンダーソン
アンダーソン
Andersson, Dan(iel)

[生]1888.4.6. スカットレスベルエット
[没]1920.9.20. ストックホルム
スウェーデンの詩人,小説家。フィンランドに近い森林地帯に生れ,きこり,炭焼きなどをして育った。プロレタリア作家として知られるが,労働の社会問題には触れず,労働における人間性を追究して特異な作風を示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アンダーソン
アンダーソン
Andersson, Johan Gunnar

[生]1874.7.3. クニスタ
[没]1960.10.29. ストックホルム
スウェーデンの考古学者,地質学者。 1914年北京政府に鉱政顧問として招かれ,中国各地の地質調査を行い,同時に古生物学や考古学的な調査,発掘をした。この間に周口店の北京原人 (→シナントロプス ) の発見や華北の新石器時代遺跡,特に彩陶文化の発掘などに偉大な成果をあげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アンダーソン
アンダーソン
Anderson

アメリカ合衆国,インディアナ州中央部の都市。インディアナポリスの北東約 55kmに位置する。町の起源は 1823年。トウモロコシコムギ地帯に属する肥沃な大平原上に立地し,農産物の集散地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アンダーソン
アンダーソン
Anderson

アメリカ合衆国,サウスカロライナ州北西部の都市。ブルーリッジ山脈の山麓に位置する。地名は,独立戦争時のこの地方の英雄,R.アンダーソン将軍に由来。サウスカロライナ州のおもな工業都市の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アンダーソン(Carl David Anderson)

[1905~1991]米国の物理学者。陽電子を発見し、1936年、ノーベル物理学賞受賞。また、湯川秀樹の予言した中間子の存在を確認。

アンダーソン(Johan Gunnar Andersson)

[1874~1960]スウェーデンの地質学者・考古学者。中国で地質・古生物を研究し、周口店で北京原人の洞窟(どうくつ)遺跡を発見。仰韶(ぎょうしょう)遺跡で新石器時代の彩色土器を発掘。アンデルソン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アンダーソン

米国の原子物理学者。1939年カリフォルニア工科大学教授。1932年霧箱を用いて宇宙線を研究中に陽電子を発見。1937年ネッダーマイヤーS.H.Neddermeyerとともに宇宙線中に中間子を発見。
→関連項目空孔理論二中間子論μ粒子

アンダーソン

アメリカのパフォーマンスアーティスト。ボストン生れ。1970年代からミニマル・アートに影響を受けた彫刻を制作するとともに,機械的に機能を増幅させたバイオリンを使った数々のパフォーマンスを独りで行っていた。

アンダーソン

米国の黒人アルト歌手。フィラデルフィアの貧しい家庭に生まれ,幼くして楽才を示す。1925年声楽コンクールで優勝しデビュー。1935年ザルツブルク音楽祭に出演してトスカニーニに激賞され,1955年黒人として初めてメトロポリタン歌劇場の舞台を踏む。
→関連項目ピストン

アンダーソン

米国の劇作家。教師,新聞記者を経て劇作へ。軍隊の裏面をあばいた戦争劇《栄光何するものぞ》(1924年上演)で脚光を浴び,のち詩劇,歴史劇を多く書く。サッコ=バンゼッティ事件ヒントを得た詩劇《ウィンタセット》(1935年)が代表作。

アンダーソン

米国の物理学者。ハーバード大学を出てベル研究所員となり,1967年ケンブリッジ大学,プリンストン大学教授を兼任。磁性や超伝導などの固体物理における基礎的な研究に貢献。
→関連項目バン・ブレック

アンダーソン

米国の作家。正規の教育を受けず職を転々としたのち,シカゴで創作。短編集《オハイオ州ワインズバーグ》(1919年)のほか《貧乏白人》(1920年),《暗い笑い》(1925年)等,機械文明の抑圧にゆがむ人間の内面生活欲求不満を大胆に描き,19世紀文学とモダニズム文学とを架橋した。

アンダーソン

スウェーデンの地質学者,考古学者。1914年から1925年まで中国に滞在し,地質,古生物を調査する一方,周口店遺跡の発見,仰韶(ぎょうしょう)遺跡の発掘,甘粛・青海地方の彩陶遺跡の調査など,中国考古学上の功績大。
→関連項目沙井遺跡半山遺跡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

アンダーソン Anderson, William Edwin

1842-1900 イギリスの医師。
1842年12月18日生まれ。明治6年(1873)来日。海軍病院勤務のかたわら,海軍軍医学校でおしえ,脚気(かっけ)を研究。また日本の美術を研究し「日本絵画史」をあらわした。明治13年任期満了で帰国。1900年10月27日死去。57歳。ロンドン出身。セント-トーマス病院医学校卒。著作はほかに「看病要法」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

アンダーソン

没年:1900.10.27(1900.10.27)
生年:1842.12.18
明治期に来日したお雇い外国人イギリス人医師。ロンドン生まれ。アバディーン大美術科,セント・トーマス病院医学校卒。明治6(1873)年,海軍省の招聘により来日,海軍軍医寮でわが国初期の海軍軍医教育に当たり,13年,在日6年3カ月で帰国した。ドイツ医学が主流の中で,海軍はイギリス医学を採り,その線上に高木兼寛などが出た。脚気の研究を行い,またわが国初期の看護学書『看病要法』(1879)を出版。日本美術にも造詣が深く,大英博物館にそのコレクションが残る。ロンドンで死去。<参考文献>長門谷洋治「アンダーソンとホイーラー」(『医学近代化と来日外国人』)

(長門谷洋治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アンダーソン【Carl David Anderson】

1905‐91
アメリカの実験物理学者。ニューヨーク生れ。カリフォルニア工科大学で学び,1930年にX線による気体からの光電子の放出の研究で学位を取得,33年同大学助教授,39年教授に就任した。R.A.ミリカンに師事し,ウィルソン霜箱を使っての宇宙線の研究に進み,1932年,P.A.M.ディラックが理論的に予言していた陽電子を発見した。翌年には,S.H.ネッダーマイヤーとともにγ線が電子と陽電子の対を創生すること(電子対生成)を検証,37年には,2人は湯川が予言したπ中間子であると考えられた粒子(現在のμ粒子)を宇宙線のウィルソン霜箱飛跡の中で発見した。

アンダーソン【Johan Gunnar Andersson】

1874‐1960
スウェーデンの地質・考古学者。1906年,スウェーデンの地質学研究所長になり,14年から25年まで,北京の農商部中国地質調査所の鉱政顧問として中国に滞在し,かたわら中国先史考古学を開拓した。この間,河北省周口店洞窟の北京原人の発見,河南省仰韶遺跡の発掘や,甘粛・青海省の彩陶遺跡を紹介した。帰国後,ストックホルム極東古物博物館の主事となり,その報告にこれまでの成果を紹介した。《黄土地帯Children of Yellow Earth》(1934)はその著書として有名である。

アンダーソン【Marian Anderson】

1897‐1993
アメリカの黒人のアルト歌手。人種差別のため音楽学校に行けず,個人レッスンで学んだ。1925年ニューヨーク・フィルハーモニー主催新人コンクールで1位となってデビュー。30年にはヨーロッパで成功をおさめ,のちにアメリカでも認められるようになった。35年ザルツブルク音楽祭で〈100年に一度の声〉と絶賛したのは協演のトスカニーニである。55年メトロポリタン歌劇場に創立以来初の黒人歌手として,ベルディオペラ仮面舞踏会》のウルリカ役に出演。

アンダーソン【Maxwell Anderson】

1888‐1959
アメリカの劇作家。第1次大戦中のアメリカ兵の生態を描いたL.ストーリングズとの共作《栄光何するものぞ》(1924)で地位を確立。その後,韻文劇に転じ,《女王エリザベス》(1930)など歴史的題材を扱った作品や,サッコ=バンゼッティ事件によった《ウィンタセット》(1935)を発表した。社会や歴史に対する関心が強く,韻文劇再興に熱意を傾けた。【喜志 哲雄】

アンダーソン【Sherwood Anderson】

1876‐1941
1920年前後の,シカゴを中心として起こった新文学運動,いわゆる〈シカゴ・ルネサンス〉に大きなかかわりをもった小説家。オハイオ州のあまり裕福ではない家に生まれ,各地を転々としながら実業家を志し,30歳ころには一応の成功を収めるが,それから大きな〈回心〉を経験して,シカゴで作家生活に入った。作品は,《オハイオ州ワインズバーグ》(1919),《貧乏白人》(1920),《黒い笑い》(1925)などの小説,《卵の勝利》(1921)などの短編集,《物語作者の物語》(1924)などの自伝的作品,《中西部アメリカの歌》などの詩集と,多種多様にわたってその数も多いが,彼の文学の大きな主題は,産業主義の非人間性に対する直観的な批判であった。

アンダーソン【James Anderson】

1739‐1808
イギリスにおける科学的農業の先駆者で,差額地代(地代)の発見者として有名。エジンバラ近郊ハーミストンの農家に生まれ,若くして両親に死別しながらも,努力して化学を学び改良農法と農具をとりいれることによって,残された農場の経営に成功した。のちアバディーンに移り,借地農業者として能力を発揮する一方,改良農業に関する著述家としてもしだいに有名になり,1783年以降は文筆活動に専念。多数の著作は,借地関係,穀物法,植民問題から土地改良やスコットランド漁業問題まで多岐にわたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アンダーソン【Anderson】

〔Carl David A.〕 (1905~1991) アメリカの原子物理学者。霧箱による宇宙線の観測で陽電子を発見してディラックの予言を確認、次いで中間子を発見して湯川秀樹の予想を実験的に確認した。 μ 中間子の自然崩壊で電子とニュートリノが生成することも発見。
〔Marian A.〕 (1902~1993) アメリカの声楽家。美声とレパートリーの広さで知られ、黒人歌手として初めてメトロポリタン歌劇場と契約を結ぶ。
〔Maxwell A.〕 (1888~1959) アメリカの劇作家。社会的問題を中心とした戯曲を発表。作「栄光なんぞ」「上院も下院も」など。
〔Sherwood A.〕 (1876~1941) アメリカの小説家。非人間化の途をたどる文明への批判を、庶民の生活や心理の中に描く。代表作「オハイオ州ワインズバーグ」

アンダーソン【Andersson】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアンダーソンの言及

【ニューラルコンピューティング】より

…人間の記憶は,現在のコンピューターの記憶とは全く異なり,不完全で断片的な部分情報から記憶の全容を想い出したり(自己想起),ある内容から関連する他の内容を想い出したり(相互想起)することができる。このような連想記憶の数学モデルが,1970年代から中野馨,コホーネンT.Kohonen,アンダーソンJ.A.Anderson,甘利俊一らによって提案されてきた。 自己想起は,想起パターンがネットワークダイナミクスの安定平衡状態や安定不動点であるようなフィードバック型ニューラルネットワークにより,また相互想起は,想起をトリガーする入力パターンを出力想起パターンへ変換するフィードフォワード型ニューラルネットワークによっておのおの実現される。…

【宇宙線】より

…宇宙線と名付けられたこの放射線は異常に高いエネルギーをもつので,その本質の解明と発生のなぞを解くことが新しい物理学と天文学の発展につながるものとして盛んに研究が行われた。イギリスのP.ディラックによって存在が予言された陽電子は,32年アメリカのC.D.アンダーソンによって磁場中の霧箱を用いた宇宙線観測から発見された。37年には湯川秀樹によって予言された中間子と考えられる粒子が宇宙線中に発見されて注目を集めた。…

【素粒子】より

…この理論によれば,実験で知られているように電気的に中性の中性子と陽子の間に力が働くのみでなく,その力が非常に短距離(10-13cm)ではとても強いが,少し離れると非常に弱くなるという性質をうまく説明できる。 この中間子を見つける実験が精力的に行われ,1936年から38年にかけてC.D.アンダーソンは宇宙線中に電子の200倍くらいの質量の粒子が存在し,これが10-6秒くらいで崩壊することを見つけた。当初はこの粒子が湯川の予言した中間子と考えられ,μ中間子と名付けられたが,湯川理論から予想される中間子の平均寿命約10-8秒から2桁も違い,また核子との相互作用も弱いなど矛盾する点が明らかにされた。…

【陽電子】より

…電子と同じ質量をもち,電荷は逆符号で+eである。P.A.M.ディラックの電子論ではその存在が予想されていたが,1932年C.D.アンダーソンによって宇宙線の霧箱写真中で初めて発見され,これによってディラックの理論の大筋が承認されるようになった。高エネルギーの光子が物質中を通過するとき電子・陽電子の対がつくられる(電子対生成)。…

【甘粛仰韶文化】より

…中国の西北部,甘粛・青海地方に分布した農耕と牧畜を基調とする新石器時代の文化。仰韶文化の発見者J.G.アンダーソンは,1923‐24年黄河上流の甘粛省洮河流域と青海省西寧河岸で彩色土器を伴う多数の遺跡を発見し,斉家期,仰韶(半山)期,馬廠期,辛店期,寺窪期,沙井期という甘粛六期の編年を行った。これは先史時代に関する最初の編年で,前の3期は青銅製品を欠いているから新石器時代後期または金石併用期に,後の3期は青銅器を伴うので青銅器時代初期にあてた。…

【仰韶遺跡】より

…ヤンシャオ遺跡とも呼ぶ。1921年,J.G.アンダーソンが発掘し,彩陶遺跡として報告した。これは中国の新石器時代遺跡の最初の科学的な発掘調査で,仰韶文化の名称はこの遺跡にちなむ。…

【仰韶文化】より

…老官台文化,裴李岡文化に遅れ竜山文化に先立つ。1921年J.G.アンダーソンが河南省澠池(べんち)県において発見した仰韶遺跡にちなんで名付けられた。従来,彩陶文化と同義に使用されてきたが,仰韶文化の基本要素は紅陶で,彩陶は一つの重要な特徴にすぎない。…

【考古学】より

… 中国では,銘文のある遺物を研究する金石学が宋代以来の古い伝統をもっており,清朝末期には甲骨文の研究によって,伝説の王朝と見なされていた殷王朝の実在を証明し,その都が河南省安陽にあったことを確認するという大きな成果をあげているが,純粋な考古学的研究は外国人学者によって開かれた。外人学者のなかでは,スウェーデン人J.G.アンダーソンの活躍が著しい。彼は1921年以降,新石器時代の仰韶文化の存在を明らかにし,また周口店洞窟を発見して,北京原人発見の端緒を開いた。…

【沙鍋屯洞窟】より

…中国,遼寧省錦西県沙鍋屯にある新石器時代の洞窟遺跡。1921年J.G.アンダーソンが調査。洞窟は石灰岩の山麓にあり,奥行き6m,幅2.2~2.5m,堆積層の厚さ2.2mの小規模なものである。…

【シナントロプス】より

…北京原人ともいう。周口店の遺跡はスウェーデンの地質学者J.G.アンダーソンによって発見され,1927年からロックフェラー財団の援助で発掘がおこなわれた。第1年目に発見されたのは下顎の左の大臼歯1本だけであったが,北京の協和医学院の解剖学教授であったカナダの人類学者D.ブラックは,この歯が大きさ,形,エナメル質の厚さ,髄腔の広さなどの点で現代人とは異なることを認め,シナントロプス・ペキネンシスSinanthropus pekinensisという名称を提唱した。…

【半山遺跡】より

…中国,甘粛省臨夏回族自治州広河県(旧,寧定県,東郷自治県)にある新石器時代の甘粛仰韶(ぎようしよう)文化半山類型の墓地遺跡。1924年J.G.アンダーソンが半山古墓群のうちの辺家溝と瓦缶嘴を調査した。遺跡は洮河(とうが)の河床から400m,標高2200mの半山山頂に位置している。…

【ミシシッピ[川]】より

…【岡田 泰男】
[文学とミシシッピ川]
 アメリカ中央を流れる大河ミシシッピは,交通の要路としてアメリカ人の生活に深くかかわっているだけでなく,巨大な国アメリカを象徴する大自然として文学者にも大きな影響を及ぼしてきた。シャーウッド・アンダーソンはこの川を〈アメリカ大陸の心臓部から流れ出る大動脈〉と称し,ジャック・ケラワックも,放浪中,その岸辺に行きついたとき〈わが愛するミシシッピ川〉と呼びかけた。そのほか,文学作品に描かれたミシシッピ川は枚挙にいとまがないほどである。…

【地代】より

…いずれもA.スミスの《国富論》によって,先駆的基礎が置かれた。豊度差額地代のほうは,アンダーソンJames Anderson(1739‐1808),D.リカード,K.マルクスへと受け継がれて発展させられた。位置の差額地代は,J.H.vonチューネンF.アーレボーT.ブリンクマンらのドイツ農業経営経済学派によって純化発展させられた。…

※「アンダーソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンダーソンの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンダーソンの関連情報