コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バン・ブレック バンブレック

百科事典マイペディアの解説

バン・ブレック

米国の物理学者。1928年ウィスコンシン大学教授,1935年ハーバード大学教授。原子・分子の量子論常磁性反強磁性マイクロ波についての研究は,量子化学等の発展に貢献。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バン・ブレック
ばんぶれっく
Jhon Hasbrouck Van Vleck
(1899―1980)

アメリカの物理学者。コネティカット州生まれ。1922年ハーバード大学で学位を取得、ミネソタ大学を経て、1928年ウィスコンシン大学教授、1934年ハーバード大学教授。学位取得後、光の分散理論の量子論的解釈の研究をクラマースやボルンと並行して行った。1930年ごろ常磁性体と強磁性体の違いや磁化率を説明するための基礎理論をつくり、さまざまな常磁性体塩の磁気的ふるまいを説明した。1932年に著した『電化率磁化率の理論』は最初の包括的な量子論的磁気学の著作であった。1935年には分子錯体中の軌道関数をもつ原子の軌道関数の分裂現象を最初に扱った。1977年、モット、アンダーソンとともに磁性の量子力学的理論、化学結合論における業績によりノーベル物理学賞を受賞した。[高山 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バン・ブレックの関連キーワードアンダーソン(Philip Warren Anderson)モット(Nevill Francis Mott)

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android