モナザイト(英語表記)monazite

翻訳|monazite

世界大百科事典 第2版の解説

モナザイト【monazite】

化学組成(Ce,La,Nd,Th)PO4の鉱物。モナズ石ともいう。Ce,La,Nd,Thのうちいちばん多いのはセリウムCeで分析値はCe2O3として40~70%含まれる。また0~5%のY2O3,0~20%のThO2も含まれる。トリウムThの多いものはその鉱石とされ,モナザイトは最も重要なトリウムの鉱石鉱物である。単斜晶系,数mm~数cmの板状晶。淡褐色。モース硬度5~5.5,比重5.2程度。花コウ岩,花コウ岩ペグマタイト中およびそれらの分解に由来する漂砂鉱床に産出し,軽希土類元素の鉱石として,バストネース石bastnaesite (Ce,La)(CO3)Fに次いで多量に採掘される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のモナザイトの言及

【砂鉱床】より

…地表で風化・浸食作用をうけて砂粒となった岩石や鉱物が,河川などの地表水や風により運搬される過程で,比重,形,風化に対する強度などによって淘汰・選別されて濃集し堆積した鉱床。代表的なものは,化学的に安定で比重の大きい金,白金,クロム鉄鉱,スズ石,モナザイトなどの鉱床である。鉱脈鉱床などに産する金は多少の銀を固溶していることが多いが,風化によって壊されて運ばれるうちに,銀分を失って純粋の金に近くなるとともに,いくつかの金粒が集まってしだいに大きな金粒~金塊となる。…

※「モナザイト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android