コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モナ・リザ モナ・リザMona Lisa

翻訳|Mona Lisa

5件 の用語解説(モナ・リザの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モナ・リザ
モナ・リザ
Mona Lisa

レオナルド・ダ・ビンチ作の婦人肖像画。 1503~06年頃フィレンツェで描かれたものと思われ,フランチェスコ・ダ・ジョコンドの依頼で彼の夫人を描いたものといわれる。そのため「ラ・ジョコンダ」とも呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

モナ・リザ

レオナルド・ダ・ビンチ作の肖像画。縦77cm×横53cm,板に油彩。1503年−1510年ころの制作と推定される。ルーブル美術館の所蔵品を代表する名作の一つ。フィレンツェ貴族フランチェスコ・デル・ジョコンドの妻リザLisaモデルとしたというバザーリの説があり,《ラ・ジョコンダ》とも呼ばれる。
→関連項目ルーブル美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

モナ・リザ

アメリカのポピュラーソング。作詞:レイ・エバンズ、作曲:ジェイリビングストン。原題《Mona Lisa》。1950年の映画「別働隊」の主題歌で、アカデミー歌曲賞を受賞した。ナットキングコールの歌で知られている。

モナ・リザ

イタリア、ルネサンスの芸術家・科学者レオナルドダ・ヴィンチの絵画(1503-05)。原題《Mona Lisa》。『ラ・ジョコンダ』とも呼ばれる。ダ・ヴィンチによる最も有名な肖像画として知られ、女性の謎めいた微笑が描かれている。パリ、ルーヴル美術館所蔵。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モナ・リザ
もなりざ
Mona Lisa

ルネサンス美術の巨匠レオナルド・ダ・ビンチの代表的肖像画。1503年から1506年ごろ制作されたが未完成。晩年、彼がフランスへ招かれたとき持参し、フランソア1世によって1万2000フランで買い取られた。1805年以来、パリのルーブル美術館に所蔵されて現在に至る。油彩、ポプラ板、縦77センチメートル、横53センチメートル。保存状態はあまりよいとはいえず、ことに画面左右の柱は両端が7センチメートルほど切り落とされた。別名『ラ・ジョコンダ』といわれるこの絵の通称は、フィレンツェのフランチェスコ・デル・ジョコンドに嫁したリザ・ゲラルディニ(1479年生まれ)を描いたとするバザーリの記述に由来する。しかしモデルにはほかにジュリアーノ・デ・メディチの愛人説、マントバ侯妃イザベラ・デステとか、変身自画像などの諸説がある。その謎(なぞ)めいた女性の微笑は、古くから聖と俗の両極的な評価さえ生んだ。15世紀の真横を向いた肖像に対し、黒衣の婦人は上体と顔を斜めにした斬新(ざんしん)な姿勢をとる。穏やかな視線と内省的な表情、豊かな胸や両手のしぐさには、人間が宿す奥深い知性と感性、そして不思議な官能の表現がみられる。また背後には高楼からアルプスを遠望するような湿潤な山岳風景が展開する。この東洋思想との交流をしのばせる超現実的な自然観と深遠な人間観との和合は、あたかもレオナルドの全芸術と創造精神を集約しているといえよう。時代を超えた世界の名画たるゆえんである。1911年に一度盗難にあったが、さいわい1913年の暮れに返却された。なお、この作品は1974年(昭和49)4月20日から6月10日まで、東京国立博物館で特別展示された。[上平 貢]
『中山公男著『モナ・リザ――永遠の女性の謎』(1974・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モナ・リザの関連情報