コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モブツ モブツMobutu Sese Seko

4件 の用語解説(モブツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モブツ
モブツ
Mobutu Sese Seko

[生]1930.10.14. ベルギー領コンゴ,リサラ
[没]1997.9.7. モロッコラバト
ザイールの政治家。Mobutu Sese Seko Koko Ngbendu Wa Za Bangaとも呼ばれる。旧名 Joseph (-Désiré) Mobutu。コキアビル中等教育を終えたのち,1949~56年ベルギーコンゴ公安軍に勤務。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

モブツ

ザイール(コンゴ民主共和国)の軍人,政治家。1960年6月の独立とともに軍参謀総長に就任。独立直後に始まったコンゴ動乱初期の同年9月,クーデタで実権を掌握したが,1961年文民に政権を移譲した。
→関連項目コンゴ民主共和国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モブツ【Mobutu Sese Seko】

1930‐97
アフリカ,ザイール(旧,コンゴ)の軍人,政治家。ベルギーの植民地時代にコンゴ公安軍に入隊したが,その後ジャーナリストを経て政界に入り,コンゴ国民運動(MNC)の一員として,1960年初めの独立円卓会議に参加した。60年6月の独立とともに軍参謀総長に就任し,コンゴ動乱初期の同年9月にはクーデタによって政権を握り,委員制内閣を組織したが,61年初め進んで民政に移管した。65年11月再びクーデタを起こして政権を奪取し,カサブブに代わって大統領に就任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モブツ
もぶつ
Mobutu Sese-S'eko Kuku Ngbendu Wa Za Banga
(1930―1997)

コンゴ民主共和国(旧ザイール)の軍人、政治家。10月14日赤道州リサラに生まれる。中等教育を終えたのちコンゴ公安軍に入隊。1956年除隊し、ベルギー留学を経て新聞記者となったが、1960年のコンゴ共和国の独立とともに初代国防相、参謀総長に就任。1961年以降軍最高司令官として勢力を強め、1965年クーデターにより政権を奪取、大統領に就任。1971年には国名をザイール共和国に変更するとともに政治、経済、社会、文化などあらゆる分野にわたる大胆なザイール化政策を採用し注目を浴びたが、経済面で挫折(ざせつ)し、政治的にも独裁色を強めて不満をよんだ。1984年の大統領選挙で3選を果たしたが、1991年12月の任期満了後も政権の座を降りず、自ら公約した民主化の進行を妨げた。1997年にコンゴ・ザイール解放民主勢力連合(AFDL)の武力攻撃によって辞任を余儀なくされ、同年9月亡命先のモロッコで病死した。[小田英郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のモブツの言及

【コンゴ民主共和国】より

…盆地の最低部は赤道上の東経18゜付近,コンゴ川にウバンギ川が合流するあたりを中心とし,平均標高は400mである。東の国境はアフリカ大地溝帯の底部や肩部に並ぶアルバート湖(この国ではモブツ湖と改名),ルウェンゾリ山地(最高5109m),エドワード湖,ビルンガ山地(カリシンビ4507mやニーラゴンゴ3470mなどの火山をもつ),キブ湖,タンガニーカ湖などを連ねる。その西肩は2000~3000mの傾動山塊で,ミトゥンバ山地と呼ばれる。…

※「モブツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

モブツの関連キーワード喜劇映画フランス映画ワールドカップ里見勝蔵スペリー熱雲映画理論カリブ文学新心理主義大衆文学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モブツの関連情報