コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モミ(樅) モミAbies firma; momi fir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モミ(樅)
モミ
Abies firma; momi fir

マツ科の常緑大高木,日本の特産種で,岩手県より南の本州と四国,九州の山地または低山に生える。幹の高さ 30~50mに達し直立し,枝は太くほぼ水平に出る。樹皮は暗灰色で鱗状にはげる。葉は線形で枝に羽状に並び,若木の葉は先端が鋭く2裂する。雌雄同株。6月頃に開花し,雄花は前年の葉腋に生じ円柱形で黄色,雌花は卵状長楕円形緑色で上向きにつく。球果は直立した円柱形で,熟すると果片は果軸から落ちる。種子は倒卵状楔形で2倍の長さの翼をもつ。サナギともいい,古名をモムノキ,オミノキという。庭園にも植えられ,また材は建築,船材,機械材および製紙パルプの原料に用いられる。亜高山帯針葉樹林には本種に似て,葉の裏面が特に白いウラジロモミがある。葉の先端は浅いくぼみだけでモミのように裂けない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モミ【モミ(樅) Japanese fir】

端正な樹形が美しいマツ科の常緑高木(イラスト)。日本の暖地に分布し,古来庭園に植えられ,材は白色で美しい。高さ40m,径1.5mに達し,幹は通直,太枝をやや斜め上にまっすぐに伸ばし,広円錐形の樹冠をなす。幹の樹皮は灰褐色で,樹脂囊を散布して粘質の樹脂を含み,幹基部では細かく亀裂(きれつ)する。1年生枝は灰褐色で細毛を密生する。針葉は枝に螺生(らせい)し,線形で長さ2~3.5cm,先端は凹形で若木のものは鋭くとがる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone