コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モミリアーノ モミリアーノ Momigliano, Attilio

3件 の用語解説(モミリアーノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モミリアーノ
モミリアーノ
Momigliano, Attilio

[生]1883. チェーバ,アレサンドリア
[没]1952. フィレンツェ
イタリアの批評家。カタニヤ,ピサ,フィレンツェ各大学の教授を歴任。クローチェの美学に基づき印象批評を樹立。 20世紀前半の評論界の第一人者とされる。主著『イタリア文学史,その起源から現代まで』 Storia della letteratura italiana dalle origini ai nostri giorni (1935) ,『ダンテマンゾーニベルガ』 Dante,Manzoni,Verga (44) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

モミリアーノ【Attilio Momiliano】

1883‐1952
イタリアの批評家。大学で教鞭をとるかたわら,クローチェを中心に展開された論争の輪を離れて,独自の批評活動を続ける。その作品解釈は,ときにロマン主義志向の強いこともあるが,概して繊細かつ精緻な読みに支えられて,作品の核心をつくすぐれたものである。主著に《アレッサンドロ・マンゾーニ》(1915),《狂えるオルランド論》(1928),《イタリア文学史》(1935)などがある。【川名 公平】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モミリアーノ
もみりあーの
Attilio Momigliano
(1883―1952)

イタリアの批評家。トリノ大学で文学を学び、実証主義的批評が優勢ななかで、作品の叙情性を強調する批評を行い、マンゾーニ、タッソなどの研究に優れた業績を残したが、ファシズムユダヤ人迫害でフィレンツェ大学の教壇を追われ、イタリア各地を転々とした。原典の言語学的分析や歴史的研究よりも、作者の人間性に肉迫し、ポエジーをくみ出そうとする手法のため、「印象主義的批評」ともいわれている。『マンゾーニ論』(1915)、『詩の研究』(1938)などが代表作。[竹山博英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモミリアーノの言及

【ローマ没落史観】より

…ローマ没落の問題をめぐって展開されたさまざまな歴史観の総称。ローマを一つの優れた文明・秩序の象徴とみなすローマ理念と相まって,ローマ没落が単に一帝国の消滅というにとどまらず,古代世界全般の崩壊,さらには文明一般の没落・交替の典型としてとらえられてきたため,この問題はローマ帝国盛衰原因論,古代文化没落原因論,古代中世境界論などの形で,おのおのの時代意識を反映させつつ多くの考察を生み出した。なお,この場合のローマとは通例いわゆる西ローマ帝国を指すが,没落原因論が多様であると同様,没落時期についても西ローマ帝国が消滅した476年という伝統的年代で一致しているわけではない。…

【ローマ没落史観】より

…内因論のうちモンテスキュー以来の系譜を受けて政治的要因を重視するものとしては,2世紀末における元老院の権威失墜を重視するフェレロG.Ferrero,アウグストゥスの軍隊縮小政策を没落の主因とするコルネマンE.Kornemann,代議政体の欠如による統治者の孤立化と大衆の政治離れを重視するヘイトランドW.E.Heitlandらがいる。ギボンが強調した宗教的要因は,近年モミリアーノA.Momiglianoによりキリスト教会への最良者の吸収という形で再評価された。自然科学的方法の援用は,19世紀末から20世紀初頭にかけて,地力消耗を没落原因とするJ.vonリービヒやシンコービチG.Simkhovitch,気候変動と没落の関連を説くE.ハンティントンらの自然的要因を重視する見解を生んだが,これらに対してはM.I.ロストフツェフによる鋭い批判がある。…

※「モミリアーノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モミリアーノの関連キーワードアレクサンドリア教校アレキサンドリアアレクサンドリア文庫一番どり郷どり燦鶏サンチェーンチェチェンへ/アレクサンドラの旅フレサマスカットオブアレキサンドリアアレサンドリ,J.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone