コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モレア年代記 モレアねんだいきChronikon en tō Morēa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モレア年代記
モレアねんだいき
Chronikon en tō Morēa

14世紀頃のビザンチン帝国の韻文による年代記。作者不詳。 1204~92年にわたるペロポネソス半島におけるフランス貴族の支配状況を記録してある重要な史料。また西ヨーロッパとビザンチン文化の混合形態 (たとえばフランス語の強い影響を受けたギリシア口語) の資料としても貴重で,フランス語,イタリア語の改訂版もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モレア年代記
もれあねんだいき

14世紀前半に書かれた韻文(9000行以上)による年代記。作者は、モレア(ペロポネソス)のギリシア化したフランク人ともいわれるが、不詳。1204年から92年にかけてのペロポネソスにおけるフランク支配を主題とし、ついで第1回と第4回の十字軍の歴史を扱う。著者は反ビザンツ的姿勢を鮮明にするが、この年代記は西欧とビザンティン帝国の混合文化の記念碑として重要である。ことに、フランク語の影響を受けたビザンツの口語研究にとっては欠かすことのできない史料である。15音節による韻文(口語)が初めて歴史描写に用いられている。フランク語、アラゴン語、イタリア語のそれぞれの翻訳が、ギリシア語の原本からつくられている。[和田 廣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

モレア年代記の関連キーワードガスムロス和田

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android