コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モレア年代記 モレアねんだいき Chronikon en tō Morēa

2件 の用語解説(モレア年代記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モレア年代記
モレアねんだいき
Chronikon en tō Morēa

14世紀頃のビザンチン帝国の韻文による年代記。作者不詳。 1204~92年にわたるペロポネソス半島におけるフランス貴族の支配状況を記録してある重要な史料。また西ヨーロッパビザンチン文化の混合形態 (たとえばフランス語の強い影響を受けたギリシア口語) の資料としても貴重で,フランス語,イタリア語の改訂版もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モレア年代記
もれあねんだいき

14世紀前半に書かれた韻文(9000行以上)による年代記。作者は、モレアペロポネソス)のギリシア化したフランク人ともいわれるが、不詳。1204年から92年にかけてのペロポネソスにおけるフランク支配を主題とし、ついで第1回と第4回の十字軍の歴史を扱う。著者は反ビザンツ的姿勢を鮮明にするが、この年代記は西欧とビザンティン帝国の混合文化の記念碑として重要である。ことに、フランク語の影響を受けたビザンツの口語研究にとっては欠かすことのできない史料である。15音節による韻文(口語)が初めて歴史描写に用いられている。フランク語、アラゴン語、イタリア語のそれぞれの翻訳が、ギリシア語の原本からつくられている。[和田 廣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モレア年代記の関連キーワード東ローマ帝国ビザンチン建築ビザンチン帝国ビザンチンビザンチウムビザンチン教会ビザンチン様式ビザンチン式ビザンチン文化ビザンティン音楽

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone