モロニ(英語表記)Moroni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コモロ首都。同国北西部,ンジャジジャ島西岸に位置する港町主産物バニラ,カカオ,コーヒーイランイランコプラサイザルアサシナモンなどを輸出。それらの加工業や,製材,機械修理など若干の工業がある。は港湾設備が悪く,沖合い停泊のはしけ荷役。住民の大部分イスラム教徒で,モスクが多い。人口 4万6000(2007)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アフリカ大陸東岸沖のインド洋上にある島国コモロの首都。同国の主島ヌジャジジャ島の西岸に位置する。古くからアラブの港で,市街はその面影をとどめている。バニラ,カカオ,コーヒーなどの集散地で加工場もあり,これらを輸出している。人口4万275人(2002)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アフリカ東岸沖のインド洋上にある島国コモロ・イスラム連邦共和国の首都。人口3万(1991)。コモロの主島ヌジャジジャ(旧,グランド・コモロ)島西岸にある。港はあるが港湾施設は近代化されていない。バニラ,イランイラン(香料),コプラ,サイザル麻,ニッケイなどの集散地で,加工場もある。古くからアラブの港であったが,1886年からフランスの支配下に入り,マダガスカルの一部として統治された。1947年に分離されてフランス海外領コモロの主都となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフリカ南東部、マダガスカル島との間のモザンビーク海峡北端にある島国コモロの首都。同国の主島エンジャジジャ(旧称大コモロ)島西岸に位置する。人口4万6000(2007)。同島の主産物であるバニラ、イランイラン(香料)、コプラ、サイザル麻、ニッケイなどの集散地で、食品加工、製材、機械修理など小規模の工業も行われる。住民の大部分はイスラム教徒でモスクが多い。

[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(Moroni) アフリカ大陸東方、インド洋上の諸島国、コモロ連合の首都。コモロ諸島の主島エンジャジジャ島西岸に位置する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モロニの関連情報