コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンサンミシェル修道院 モンサンミシェルしゅうどういん

1件 の用語解説(モンサンミシェル修道院の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

モンサンミシェルしゅうどういん【モンサンミシェル修道院】

フランスの北西部のノルマンディー地方、ブルターニュ半島北の付け根にある、モンサンミシェル(Mont Saint-Michel)のサンマロ湾約1km沖合の小島に築かれたゴシック様式修道院カトリックの巡礼地の一つで、世界遺産に登録されている。サンマロ湾はヨーロッパで最も潮の干満の差が大きなところで、干満の潮位には15mの差があるが、この修道院のある島は満潮時には離れ小島となり、干潮時には陸続きとなる。708年にアヴランシュ司教オベールが礼拝堂を建てたのが始まりで、966年にはノルマンディー公リチャード1世ベネディクト会の修道院を建設し、13世紀ごろには、現在残された修道院の姿にほぼなった。18世紀末のフランス革命後、修道院は廃止され、1863年まで国の監獄として使用されたが、再び修道院として復活し、今日に至っている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンサンミシェル修道院の関連キーワードドービルノルマンディーファレーズノルマンディー公国カーン城レザンドリーアングロ・ノルマン種 (Angro Norman)ノルマン種 (Norman )ノルマンディ風ノルマンド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone