コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンゾニ岩 モンゾニがん monzonite

3件 の用語解説(モンゾニ岩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンゾニ岩
モンゾニがん
monzonite

ほぼ等量のカリ長石 (主として正長石) と斜長石 (曹灰長石) を含み,黒雲母,輝石,角閃石などを伴う粗粒の完晶質深成岩。ときに石英を含むこともある。自形の斜長石結晶の間をカリ長石が充填したいわゆるモンゾナイト状組織が特徴的で,有色鉱物として,バーケビ角閃石,チタン輝石,エジリン輝石などを含むことがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モンゾニ‐がん【モンゾニ岩】

monzonite深成岩の一。斜長石カリ長石とをほぼ等量含み、黒雲母(くろうんも)角閃石(かくせんせき)輝石などからなる完晶質の粗粒の岩石。閃長岩閃緑岩の中間の性質を示す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

モンゾニ岩

すでにmonzon-syeniteまたはpseudosyeniteとして知られていた岩石または岩石系列に付けられた名称[Lapparent : 1864, Cordier : 1868].コルディエルはこの岩石は長石(正長石,斜長石),輝石,雲母からなるとした[Cordier : 1868].ブレガーはモンゾニ岩を閃長岩と閃緑岩の中間の岩石として,SiO2は62~49%の間で,輝石,角閃石,雲母,橄欖(かんらん)石,石英は同量含まれているとする[Brögger : 1895].モンゾニ岩は酸性の石英モンゾニ岩アダメロ岩)から塩基性の橄欖石モンゾニ岩まで非常に広い範囲で変化し系列を作る.閃長岩と閃緑岩あるいは斑糲(はんれい)岩との中間の性質の岩石である.相当する火山岩ラタイトまたは粗面安山岩と呼ぶ.モンゾニ岩のグループには,アルカリ長石と斜長石の量がほぼ同量で,石英の量は10%以下の0~5%くらいで,准長石は含まれないか長石量の10%以下のものをいう.マフィック鉱物は10~25%くらいである[Tröger : 1935].岩石名はイタリアチロル地方のモンゾニ(Monzoni)の地名に因む.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンゾニ岩の関連キーワード既決既済既卒既知既にしても又一次鉱物既存不適格建物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone