モン・サン・ミシェル修道院(読み)モンサンミシェルしゅうどういん

百科事典マイペディアの解説

モン・サン・ミシェル修道院【モンサンミシェルしゅうどういん】

フランス,ノルマンディー海岸のモン・サン・ミシェル湾沿岸の島にあるフランス初期ゴシックの代表的建築。Abbaye du Mont-Saint-Michel。11―12世紀に修道院として建てられ,百年戦争の際には城として,16世紀以後は牢獄として用いられた。現在は観光地として著名。潮汐の干満により,地続きになったり海中に孤立したりする。1979年と2007年世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android