コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーレア島 モーレアとう Moorea

3件 の用語解説(モーレア島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーレア島
モーレアとう
Moorea

南太平洋,フランス領ポリネシアソシエテ諸島内,デュバン諸島中第2の火山島。最高点 1207m。ココナッツ製品などを輸出。観光地としても知られる。人口 8801 (1988) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モーレア‐とう〔‐タウ〕【モーレア島】

Moorea》南太平洋、フランス領ポリネシア、ソシエテ諸島に属する島。タヒチ島の北西約17キロメートルに位置する。海底火山の噴火に起源する島で、最高点はトヒベア山(標高1207メートル)。浸食による峻厳な山並みが連なる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーレア島
もーれあとう
Moora

南太平洋、フランス領ポリネシア、ソシエテ諸島のタヒチ島西方17キロメートルにある火山島。南を頂点とする三角形をなす。別名エイメオEimeo島。面積132平方キロメートル、人口1万1682(1996)。最高峰トヒベアTohivea山(標高1207メートル)。玄武岩の侵食による奇勝に富み、北岸のオプノフ湾、クック湾の2湾は噴火口跡である。クック湾の東には「バリ・ハイ・ホテル」がある。[大島襄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モーレア島の関連キーワードソシエテ諸島タヒチ島フランス領ポリネシアポリネシア語派ムルロア環礁トライネシアヘイヴァイタヒチソシエテ[諸島]タヒチ[島]ライアテア[島]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モーレア島の関連情報