コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーレア島 モーレアとうMoorea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーレア島
モーレアとう
Moorea

南太平洋,フランス領ポリネシアソシエテ諸島内,デュバン諸島中第2の火山島。最高点 1207m。ココナッツ製品などを輸出。観光地としても知られる。人口 8801 (1988) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

モーレア‐とう〔‐タウ〕【モーレア島】

Moorea》南太平洋、フランス領ポリネシア、ソシエテ諸島に属する島。タヒチ島の北西約17キロメートルに位置する。海底火山の噴火に起源する島で、最高点はトヒベア山(標高1207メートル)。浸食による峻厳な山並みが連なる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーレア島
もーれあとう
Moora

南太平洋、フランス領ポリネシア、ソシエテ諸島のタヒチ島西方17キロメートルにある火山島。南を頂点とする三角形をなす。別名エイメオEimeo島。面積132平方キロメートル、人口1万1682(1996)。最高峰トヒベアTohivea山(標高1207メートル)。玄武岩の侵食による奇勝に富み、北岸のオプノフ湾、クック湾の2湾は噴火口跡である。クック湾の東には「バリ・ハイ・ホテル」がある。[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モーレア島の関連キーワードタヒチ・モーレア国際マラソンティキビレッジベルベデールトヒエア山南太平洋パオパオ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モーレア島の関連情報