コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤイトムシ

2件 の用語解説(ヤイトムシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヤイトムシ

節足動物門蛛形(ちゅけい)綱ヤイトムシ目の総称。熱帯・亜熱帯に広く分布し,日本に数種,世界から約180種が知られる。体長2〜7mm。湿度が高く,暗い場所を好み,落ち葉の下や石の下,洞窟内などで生活する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤイトムシ
やいとむし / 灸虫
whip-scorpion

節足動物門クモ形綱ヤイトムシ目ヤイトムシ科Schizomidaeの陸生動物の総称。この科には約45種が知られ体長は3~7ミリ。目はない。日本には、台湾にもいるヤイトムシSchizomus sauteriが沖縄本島にすむ。腹部に続いて1~4の環状節からなる短い尾部があるので、それのないクモやダニのようなクモ形類や、長い尾部のあるサソリやサソリモドキなどのクモ形類から容易に区別される。ヤイトムシという名の由来は、腹端にあるこの短い尾状物を灸(きゅう)(やいと)の跡に見立てたものである。夜行性で、昼間は落ち葉や石下などの暗湿な所に隠れ、行動はすばやく、小形の節足動物を食べているらしい。小笠原(おがさわら)諸島にも近似種のサワダムシが発見されている。[森川国康]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤイトムシの関連情報