コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤイトムシ

2件 の用語解説(ヤイトムシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヤイトムシ

節足動物門蛛形(ちゅけい)綱ヤイトムシ目の総称。熱帯・亜熱帯に広く分布し,日本に数種,世界から約180種が知られる。体長2〜7mm。湿度が高く,暗い場所を好み,落ち葉の下や石の下,洞窟内などで生活する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤイトムシ
やいとむし / 灸虫
whip-scorpion

節足動物門クモ形綱ヤイトムシ目ヤイトムシ科Schizomidaeの陸生動物の総称。この科には約45種が知られ体長は3~7ミリ。目はない。日本には、台湾にもいるヤイトムシSchizomus sauteriが沖縄本島にすむ。腹部に続いて1~4の環状節からなる短い尾部があるので、それのないクモやダニのようなクモ形類や、長い尾部のあるサソリやサソリモドキなどのクモ形類から容易に区別される。ヤイトムシという名の由来は、腹端にあるこの短い尾状物を灸(きゅう)(やいと)の跡に見立てたものである。夜行性で、昼間は落ち葉や石下などの暗湿な所に隠れ、行動はすばやく、小形の節足動物を食べているらしい。小笠原(おがさわら)諸島にも近似種のサワダムシが発見されている。[森川国康]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤイトムシの関連キーワードコマセアミ節足動物唾液腺中腸腺ダニ蟹虫蠍擬座頭虫蛛形類

ヤイトムシの関連情報