ヤガ(読み)やが

日本大百科全書(ニッポニカ)「ヤガ」の解説

ヤガ
やが / 夜蛾

昆虫綱鱗(りんし)目ヤ科Noctuidaeの総称。現在の分類法では、チョウやガのグループ。鱗翅目は、70~80科に分けられるが、ヤガ科はそのなかでも含まれる種の数がもっとも多く、日本だけでも1200種余りが記録されている。全世界に分布し、小さな大洋島にまですみついているが、熱帯圏に種の数がもっとも多い。しかし、極地や高山のような特異な気候帯にも適応し、生息している種もある。大部分が夜行性で、よく灯火にも飛来するところから、ヤガ科とよばれているが、一部は昼飛性である。大きさは、はねの開張200ミリを超え、前翅の長さがガ類のなかで世界最大のナンベイオオヤガのような種類から、開張10ミリにも及ばないような小形種まである。

 はねの形、色彩、斑紋(はんもん)もさまざまである。夜行性の種は、一般に目だたない色彩と斑紋をもち、樹皮などに静止しているときは、その背景と区別がつかないほど似ている。後翅には、しばしば赤、紫、白などのはでな斑紋をもつ(シタバガ類)。このような種は、前翅で後翅を覆っているが、危険が迫ったとき、急に後翅を露出することによって、食虫性の鳥や哺乳(ほにゅう)類がひるんだすきに逃げるのである。成虫の胸部にはかなり大きな鼓膜器が開口しているが、これは、夜行性のガの天敵であるコウモリのキーキーという特殊な鳴き声をとらえて、危険から逃れる役を果たしているという。幼虫はイモムシ、ケムシとよばれ、腹脚は四対とも発達しているが、一部のグループでは前方の一対または二対が退化し、シャクトリムシ(シャクガ科の幼虫)のような歩行をする、いわゆる擬シャクトリムシである。

 樹木あるいは草本に寄生するのが普通であるが、ごく一部は針葉樹、シダ類、地衣類、キノコ類、枯れ葉などを食べる。種の数も個体数も非常に多いので、自然の生態系のなかでは、鳥獣の餌(えさ)となるなど重要な役割を果たしているが、害虫として注目される種も少なくない。たとえば、リンゴケンモン、キバラモクメキリガなどはリンゴ、ナシなど果樹に被害を与え、カブラヤガ、ヨトウガ、タマナキンウワバなどはキャベツ、ハクサイなどの大害虫、アワヨトウはイネ、ムギ、トウモロコシにつき、ウリキンウワバはヒョウタン、ユウガオ、ヘチマなどウリ科の葉に加害する。また、庭園樹のフヨウ、ムクゲ、アオイにはフタトガリコヤガの幼虫がつくし、ザクロやサルスベリにはアシブトクチバが加害するなど、害虫の数が多い。

[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ヤガ」の解説

ヤガ
Noctuidae; miller; owlet moth

鱗翅目ヤガ科の昆虫の総称。多くは中~大型のガで,体は短太のものが一般的で,全体が厚く鱗粉におおわれる。胸部は大きく,背面鱗毛は総状になることが多い。口吻は発達している。前翅は複雑な斑紋をもち,静止すると保護色として周囲とまぎらわしい色彩のものが普通であるが,後翅の斑紋は単調,または美しいが単純な斑紋をもつものが多い。翅刺は普通発達する。幼虫は円筒形で,一般に1次刺毛しかない芋虫状。多くは夜行性で,植物の重要害虫が少くない。鱗翅類中最大の科で,全世界に約2万種,日本で 1000種近くが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android