コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤセンスキー

百科事典マイペディアの解説

ヤセンスキー

ポーランド生れのソ連の作家。ポーランドで詩人としてデビュー,パリに亡命後,長編《パリを焼く》(1929年)を書いてフランスから追放され,ソ連に住んで《人間は皮膚を変える》(1932年)を書くが,1937年逮捕され獄死。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤセンスキー【Bruno Yasenskii】

1901‐41
ポーランドソ連邦の作家。ポーランドではヤシェンスキBruno Jasieṅskiとよぶ。クラクフ大学卒業。在学中から《飢餓の歌》(1922),《ヤコフ・シェラ譚》(1925)で詩人として出発。ポーランド共産党に対する弾圧を機にパリに亡命し,空想的政治小説《パリを焼く》(1928)を国際的ベストセラーにした。1929年ポアンカレ政府に逮捕され,ソ連に亡命,社会民主主義者を風刺した戯曲《マネキンの舞踏会》(1931),スパイ小説《人間は皮膚を変える》(1932)を発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤセンスキー
やせんすきー
Бруно Ясенский Bruno Yasenskiy
(1901―1941)

ポーランド生まれのソ連の作家。クラクフ大学在学中から革命的なテーマで『飢餓の歌』(1922)、『ヤコフ・シェラ譚(たん)』(1925)などの詩を発表。共産党弾圧によってパリに亡命、『ユマニテ』紙に空想的な政治小説『パリを焼く』(1928)を発表、国際的なベストセラーとなったが、ポアンカレ政府の怒りを買って、1929年ソ連に亡命した。ソ連では風刺的な戯曲『マネキンの舞踏会』(1930)、スパイ小説『人間は皮膚を変える』(1932)などを書いたが、37年「トロツキスト」として逮捕され、獄死した。56年に名誉を回復され、遺稿『無関心な人々の共謀』が反響をよんだ。[江川 卓]
『江川卓・工藤幸雄訳『無関心な人々の共謀』2巻(1956・青木書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone