コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマイヌ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマイヌ

ニホンオオカミ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマイヌ
やまいぬ / 山犬

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科のニホンオオカミの異名。かつてはニホンオオカミの標準和名とされていたが、ヤマイヌには、別属のシベリアヤマイヌ(ドール)との類縁を連想させる欠点があるため、近年では用いられない。江戸時代の「山犬」にはオオカミと野生化したイヌの両方が含まれていた。ニホンオオカミの標本をオランダ、ライデンの動物博物館に送ったシーボルトP. F. B. von Sieboldと助手ブルゲルは、日本では「オオカミの肉は食用にできるが、ヤマイヌの肉は健康に有害といわれる」と報じている。この場合のヤマイヌは「病犬(やみいぬ)」の誤伝であると思われる。[今泉吉典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヤマイヌの関連キーワードニホンオオカミ(日本狼)ヤマイヌ(山犬)アカオオカミシニフィアンももんじ屋シニフィエヌクテイ今泉吉典川上犬日本狼

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤマイヌの関連情報