コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマイヌ ヤマイヌ

2件 の用語解説(ヤマイヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマイヌ
ヤマイヌ

ニホンオオカミ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマイヌ
やまいぬ / 山犬

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科のニホンオオカミの異名。かつてはニホンオオカミの標準和名とされていたが、ヤマイヌには、別属のシベリアヤマイヌ(ドール)との類縁を連想させる欠点があるため、近年では用いられない。江戸時代の「山犬」にはオオカミと野生化したイヌの両方が含まれていた。ニホンオオカミの標本をオランダ、ライデンの動物博物館に送ったシーボルトP. F. B. von Sieboldと助手ブルゲルは、日本では「オオカミの肉は食用にできるが、ヤマイヌの肉は健康に有害といわれる」と報じている。この場合のヤマイヌは「病犬(やみいぬ)」の誤伝であると思われる。[今泉吉典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤマイヌの関連情報