ヤマベ

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマベ

北海道,東北地方のサクラマス(サケ科)の河川型の別名,または降海型の河川生活期の幼魚を指す。体側に楕円形の暗色斑が縦に並ぶ。ヤマメともいう。東京付近ではオイカワ(コイ科)のことをいう。オイカワマス【中村 守純】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマベ
やまべ

淡水魚の2種の地方名。関東地方ではコイ科のオイカワをさし、東北地方や北海道ではサケ科のヤマメをヤマベとよぶ所が多い。[水野信彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヤマベの言及

【オイカワ】より

…和名のオイカワは琵琶湖周辺での繁殖期の雄を指す方言を採用したもので,西日本ではハエまたはシラハエと呼ぶところが多い。ヤマベ(東京),ハス(大阪。ちなみに大阪では和名のハスをケタバスという),ジンケン(長野)など地方名が多い。…

【ヤマメ(山女魚)】より

…さらに,台湾の大甲渓にも分布する。北海道から東北にかけてヤマベ,青森県下北半島でスギノコ,九州ではアマゴといっしょにしてエノハと呼ぶ。 ヤマメには,大きく分けて河川型,湖沼型,降海型が見られる。…

※「ヤマベ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android