コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマホトトギス(山杜鵑) ヤマホトトギスTricyrtis macropoda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマホトトギス(山杜鵑)
ヤマホトトギス
Tricyrtis macropoda

ユリ科の多年草。本州以南および朝鮮半島,中国に分布する。山地丘陵樹下に生える。は高さ 30~100cmで,斜め下向きの毛がある。葉は倒卵状楕円形,上面は粉緑色,短毛がまばらにあり,下のもの少数を除いて茎を抱く。7~9月に,2~3個の花を茎頂や上部の葉腋から散房状に出す。6枚ある花被片は外面に毛があり,白地に紫斑があって上向きに開く。おしべには毛状突起が多く,めしべは花被より長く,花柱は深く3裂する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤマホトトギス(山杜鵑)の関連キーワードユリ科

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android