ユウギリソウ

百科事典マイペディアの解説

ユウギリソウ

南欧原産のキキョウ科ユウギリソウ属(トラケリウム)の多年草だが,園芸的にはふつう秋まきの一〜二年草として扱われ,おもに切花用に栽培される。茎は高さ1m内外。7〜8月,枝先に径約5mmの小花を散房状に多数密につける。花色は青紫・白・桃色など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユウギリソウ【Trachelium caeruleum L.】

キキョウ科の半耐寒性多年草。南ヨーロッパおよび北アフリカ原産。大正年間に輸入され,日本ではもっぱら切花として栽培利用されている。草丈1mに達し,茎は直立し紫青色を帯び,粗鋸歯のある卵形葉を互生する。6~9月に,茎頂に紫青色微小花を大きい密な散房花序をなして咲かせ,やや金属光沢があり,涼感があって夏の花としてふさわしい。多年草であるが,半耐寒性であることと実生1年目で十分生育開花するため,日本ではほとんど一,二年草として春または秋まきにして栽培される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユウギリソウ
ゆうぎりそう / 夕霧草
[学]Trachelium caeruleum L.

キキョウ科の半耐寒性多年草。ハウス内では一、二年草として栽培される。茎は高さ0.3~1メートル。葉は長さ10センチメートルの卵形で鋭頭、重鋸歯(じゅうきょし)縁。6~9月に2ミリメートル前後の小形の合弁花を密な散房花序につける。花色は菫青(きんせい)、白、赤、汚黄色などで、切り花、鉢植え、花壇用。長日植物で電照促成栽培が可能。[植村猶行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android