コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユウギリソウ

3件 の用語解説(ユウギリソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ユウギリソウ

南欧原産のキキョウ科ユウギリソウ属(トラケリウム)の多年草だが,園芸的にはふつう秋まきの一〜二年草として扱われ,おもに切花用に栽培される。茎は高さ1m内外。7〜8月,枝先に径約5mmの小花を散房状に多数密につける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ユウギリソウ【Trachelium caeruleum L.】

キキョウ科の半耐寒性多年草。南ヨーロッパおよび北アフリカ原産。大正年間に輸入され,日本ではもっぱら切花として栽培利用されている。草丈1mに達し,茎は直立し紫青色を帯び,粗鋸歯のある卵形葉を互生する。6~9月に,茎頂に紫青色微小花を大きい密な散房花序をなして咲かせ,やや金属光沢があり,涼感があって夏の花としてふさわしい。多年草であるが,半耐寒性であることと実生1年目で十分生育開花するため,日本ではほとんど一,二年草として春または秋まきにして栽培される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユウギリソウ
ゆうぎりそう / 夕霧草
[学]Trachelium caeruleum L.

キキョウ科の半耐寒性多年草。ハウス内では一、二年草として栽培される。茎は高さ0.3~1メートル。葉は長さ10センチメートルの卵形で鋭頭、重鋸歯(じゅうきょし)縁。6~9月に2ミリメートル前後の小形の合弁花を密な散房花序につける。花色は菫青(きんせい)、白、赤、汚黄色などで、切り花、鉢植え、花壇用。長日植物で電照促成栽培が可能。[植村猶行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユウギリソウの関連キーワードフロックス南ヨーロッパヨーロッパ共同体ヨーロッパ経済共同体ヨーロッパ開発基金ヨーロッパ連合風鈴草ヨーロッパロシアヨーロッパ通貨協力基金ヨーロッパ農業指導保証基金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone