コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユウレイクラゲ Cyanea nozakii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユウレイクラゲ
Cyanea nozakii

刺胞動物門鉢虫綱旗口クラゲ目ユウレイクラゲ科。傘はほとんど扁平で,直径 15~30cm,ときに 50cmにもなる。無色あるいは白色であるが,褐色の斑点が散在する。傘縁には 16個の弁と 8個の感覚器があり,全縁にわたって多くの触手が出ている。4個の口腕は複雑なひだ状になっていて幅が広く,中央に口が開く。放射管は網目状になる。本州中部以南に分布し,夏に瀬戸内海に多産する。瀬戸内海各地ではハゲトベとかマエデなどと呼び,カワハギの釣餌に用いる。近縁のキタユウレイクラゲ C. capillata は巨大で,直径が 2m,触手の長さは 30m以上になる。北極海海域,北大西洋,北太平洋に分布し,日本では寒流の影響の強い東北地方や北海道で見られる。(→クラゲ刺胞動物鉢虫類無脊椎動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユウレイクラゲ
ゆうれいくらげ / 幽霊水母
[学]Cyanea nozakii

腔腸(こうちょう)動物門ハチクラゲ綱旗口(はたくち)クラゲ目ユウレイクラゲ科に属する海産動物。傘(かさ)は直径30センチメートル以上に達する大形の扁平(へんぺい)な円盤状である。外傘(がいさん)は無色または白色で、その上に褐色の斑点(はんてん)が散在している。傘縁には16個の縁弁と8個の感覚器が存在する。下傘には口があり、それを取り巻くようにして複雑なひだをもつ幅の広い口腕(こうわん)が垂れ下がっている。本州中部以南の海岸で夏期に普通にみられ、ウマヅラハギの釣り餌(え)として利用される。本種と近縁のキタユウレイクラゲC. capillataは東北地方や北海道の、寒流の影響の強い沿岸に産し、本種と比べてきわめて大形である。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ユウレイクラゲの関連キーワードユウレイクラゲ(幽霊水母)ハチクラゲ類ハナビラウオ幽霊水母

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android