コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユカギール族 ユカギールぞくYukaghir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユカギール族
ユカギールぞく
Yukaghir

シベリア北東部の北極海寄りに住む少数民族。人口約 1000。新石器時代からレナ川東方のツンドラ,低木地帯に住んでいたと思われるが,現在は周辺のツングース族ヤクート族に圧迫され,おもにコルイマ川上流域に居住。言語は古シベリア諸語に属し,いわゆるバイカル・モンゴロイドに類似した形質的特徴をもつ。本来の生業は季節的に移動する狩猟,漁労であったと思われる。長老の率いる氏族制で,シャーマンが狩猟祭などを司り,妻方居住婚が行われていたが,現在はトナカイ飼育を主とし,慣習もツングース族やロシア人との接触により変りつつある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユカギールぞく【ユカギール族 Yukagiry】

ロシア連邦,北東シベリアのサハ(ヤクート)共和国に居住する少数民族で,人口は1100(1989)。ツンドラ・ユカギール(アラゼーヤ川,コリマ川下流域)とタイガ・ユカギール(コリマ川上流域)の二つのグループがあり,両者の間に言語・文化上の差異が認められる。自称名は前者がワドゥル,後者がオドゥルユカギール語は従来便宜上,旧アジア諸語に含められていたが,サモエード諸語,アルタイ諸語,チュクチ・コリヤーク諸語などとの親縁関係,さらに,最近の研究ではフィン・ウゴル語派との共通の特徴も指摘され,分類上は問題が残されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のユカギール族の言及

【グラスコーボ文化】より

…東方地域と深い関係をもち,貝製品中に遠く日本海などから持ち込まれたものがある。またこの文化の要素には,のちのシベリア森林民族のエベンキ族ユカギール族の文化に認められるものを有している。この文化期の土器は,丸底が主体で,刺突文や篦(へら)描き文をもつが,地文に方形の叩き目をもつものも見られる。…

【氏族制度】より

…G.P.マードックはこのような〈純粋〉の氏族をシブsibとよび,単系的・外婚的な血縁集団の中核をなす男もしくは女の住地に移り住んだその配偶者をも成員に編入する氏族を,クランclanという語でこれと区別した。 また北東アジアの極地に半ば遊動の狩猟生活を営んでいたユカギール族も,かつては氏族とよばれる組織を最大の社会単位としていたが,彼らの氏族も共通の祖先から出たという血縁者の家族を中核として,これに同一地域に住むその他の家族を包括した。ユカギール以外に,ツングースやコリヤークなど,他種族の家族さえ,住地の共同と婚姻関係とによって氏族員に編入された。…

【ソビエト連邦】より

…上記のハンティ,マンシ,ネネツもその一部であるが,大部分はツングース語系諸族と旧シベリア諸族(パレオアジアート,古アジア諸族とも呼ばれる)である。前者には西シベリアからオホーツク海沿岸に分布するエベンキ族,アムール川下流,サハリン,沿海州に分布するエベン族,ナナイ族,ウリチ族,ウイルタ族(旧称オロッコ族),オロチ族などの民族が属し,後者にはコリヤーク族,チュクチ族,イテリメン族(旧称カムチャダール族),ニブヒ族(旧称ギリヤーク族),ユカギール族,ケート族などの民族が属する。 インド・ヨーロッパ語族に属する言語をもつ民族には,前記のロシア人,ウクライナ人,白ロシア人(ベラルーシ人)のほかに,バルト海沿岸にリトアニア人とラトビア人,ウクライナの南に,ルーマニア人と言語・文化の面で近いモルダビア(モルドバ)人がいる。…

※「ユカギール族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ユカギール族の関連キーワードツンドラ・ユカギールV.I. ヨヘルソンタイガ・ユカギールフィン・ウゴル語派V. ボゴラスグラズコボ文化古アジア諸族

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android