コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユリア ユリア Julia

翻訳|Julia

2件 の用語解説(ユリアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユリア
ユリア
Julia

[生]前39
[没]後14. レギウム
ローマ皇帝アウグスツススクリボニアの娘。前 25年 M.マルケルスと結婚。その死後,前 21年には M.アグリッパに嫁し3男2女を産んだが,その死後,前 11年チベリウス (のちの皇帝) に嫁した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユリア
ゆりあ
Iulia (Julia)
(前39―後14)

古代ローマ貴婦人オクタウィアヌス(後の皇帝アウグストゥス)と最初の妻スクリボニアとの娘。最初、従兄(いとこ)と結婚したが、夫の死後アグリッパと再婚。アグリッピナ(大)や、のちにアウグストゥスの養子となったガイウスGaius Caesar(前20―後4)、ルキウスLucius Caesar(前17―後2)の兄弟などの子供をもうけた。アグリッパの死後、ティベリウスと再婚したが、彼のロードス島引退に際してもローマにとどまり、多くの恋人をつくったといわれる。アウグストゥスにより不行跡を譴責(けんせき)され、ティベリウスと離婚させられ、パンダテリア島に配流された。のちにレギオンの町に移されたが、アウグストゥスの死後、監視が強化され、最後に残った息子アグリッパ・ポストゥムスAgrippa Postumus(前12―後14)の死後、窮死したと伝えられる。[島田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユリアの関連キーワードユリア(小)ユリア・ソアエミアス・バッシアナユリア・マエサ揺り上げるユリア樹脂ユリアンユリアージュゆりもコオニユリユリアザミ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユリアの関連情報