コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユリア ユリアJulia

翻訳|Julia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユリア
Julia

[生]前39
[没]後14. レギウム
ローマ皇帝アウグスツススクリボニアの娘。前 25年 M.マルケルスと結婚。その死後,前 21年には M.アグリッパに嫁し3男2女を産んだが,その死後,前 11年チベリウス (のちの皇帝) に嫁した。その美貌と享楽的な時代の風潮により,乱行を重ね,チベリウスを隠棲させるにいたった。前2年アウグスツスは彼女の姦通の事実を知り,彼女は母スクリボニアのみに伴われてパンテグリアという小島に追放された。4年イタリア南端のレギウムに移されたが,流謫の地で死に,父の廟に入ることも拒まれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユリア
ゆりあ
Iulia (Julia)
(前39―後14)

古代ローマ貴婦人オクタウィアヌス(後の皇帝アウグストゥス)と最初の妻スクリボニアとの娘。最初、従兄(いとこ)と結婚したが、夫の死後アグリッパと再婚。アグリッピナ(大)や、のちにアウグストゥスの養子となったガイウスGaius Caesar(前20―後4)、ルキウスLucius Caesar(前17―後2)の兄弟などの子供をもうけた。アグリッパの死後、ティベリウスと再婚したが、彼のロードス島引退に際してもローマにとどまり、多くの恋人をつくったといわれる。アウグストゥスにより不行跡を譴責(けんせき)され、ティベリウスと離婚させられ、パンダテリア島に配流された。のちにレギオンの町に移されたが、アウグストゥスの死後、監視が強化され、最後に残った息子アグリッパ・ポストゥムスAgrippa Postumus(前12―後14)の死後、窮死したと伝えられる。[島田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユリアの関連情報