コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウラククラゲ ヨウラククラゲ Agalma okeni

3件 の用語解説(ヨウラククラゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨウラククラゲ
ヨウラククラゲ
Agalma okeni

刺胞動物門ヒドロ虫綱管クラゲヨウラククラゲ科。単一の個体でなく,多数の個虫が集合してできた群体で,個虫間に分業が見られる。体は長さ 15cm,幅 3cmのほぼ透明なキュウリ形で,上半部は泳鐘部,下半部は栄養部に分かれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヨウラククラゲ【Agalma okenii】

ヒドロ虫綱ヨウラククラゲ科の腔腸動物(刺胞動物)。太平洋沿岸の黒潮流域に分布し,浮遊生活をする。多数の個員が集合して長さ15cm,幅3cmほどの透明な円筒状の群体をつくる。群体は前半部の泳鐘部と後半部の栄養部とに区別される。泳鐘部では頂端に小さな気胞体をもつ橙色の幹をとりかこんで,数十個の泳鐘が左右交互に2列に重なり,12角柱をつくっている。泳鐘はクラゲ型個員が変形したもので口がなく,傘の運動によって群体を移動させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨウラククラゲ
ようらくくらげ / 瓔珞水母
[学]Agalma okenii

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱管(くだ)クラゲ目ヨウラククラゲ科に属する海産動物。長さ15センチメートル、幅3センチメートルほどに達するほぼ円筒状の群体をつくっている。群体の上半部の上端に小さな気胞体があり、それに続き多数の泳鐘(えいしょう)が幹を中心として左右交互に2列に重なって並び十二角柱をつくっている。群体の下半は栄養部で、そこでも幹を中心に多角形の保護葉が8列に並び、また栄養体、触手、感触糸、生殖体などがみられ、触手は伸びると体の外に長く垂れ下がる。日本の太平洋沿岸に普通にみられる大形のクダクラゲ類の1種で、精巧なガラス細工に似て美しいものである。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨウラククラゲの関連キーワードエダアシクラゲ腔腸動物ヒトツクラゲヒドロ虫類鰹の烏帽子管水母真水水母クラゲ(水母)バレンクラゲ(馬簾水母)ヒドロ虫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone