コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨトウガ ヨトウガ Mamestra brassicae

3件 の用語解説(ヨトウガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨトウガ
ヨトウガ
Mamestra brassicae

鱗翅目ヤガ科。前翅長 20mm内外。触角は雌雄ともに糸状。前翅は灰褐色で樹皮様模様があり,淡黄色の亜外縁線がある。後翅は基部付近が白く,外縁に向って暗色を帯びる。成虫は春と夏に出現し,平地に多くみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヨトウガ

鱗翅(りんし)目ヤガ科の一種。開張50mm内外。暗褐色で前翅に不規則な斑紋がある。日本全土,朝鮮半島,中国,インドヨーロッパに分布。幼虫はヨトウムシ(夜盗虫)といい野菜類の大害虫で,昼間は根元の土中に潜み,夜活動しキャベツハクサイなどを食害する。
→関連項目ヤガ(夜蛾)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨトウガ
よとうが / 夜盗蛾
cabbage army worm
[学]Mamestra brassicae

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤガ科に属するガ。はねの開張40~45ミリ。はねは細長く、体翅とも黒褐色、後翅は基部からはねの3分の2あたりまで白っぽい。前翅にはあまり明瞭(めいりょう)でない黒色横線があり、横脈上の淡褐色紋は白色と黒色の環で囲まれている。亜外縁部にも白線があり、その外側は黒っぽい。ほとんど日本全土からユーラシア大陸の全域に分布する。幼虫は体長40ミリくらいのイモムシで、胴部の背面は黒みを帯びた褐色、尾端近くは黒っぽい。気門は灰黄色で黒環に囲まれ、それより腹側は明るい褐色。ヨトウムシとよばれ、キャベツ、ハクサイ、ダイコン、ソラマメ、ジャガイモ、ニンジン、ホウレンソウなど非常に多くの農作物の葉を食べて大害を与える。蛹(さなぎ)で越冬し、春に第一化が羽化し、6月下旬に土中で蛹化(ようか)、第二化の成虫は9~10月に羽化する。幼虫は昼間は株元や土中に潜み、夜間出てきて食害する。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨトウガの関連キーワードシタバガ枯葉蛾樟蚕毒蛾夜蛾擬鳳蝶蛾甘藍夜蛾ジュウタンガヒマサンナシケンモン(梨剣紋)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone