コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨメガカサガイ

百科事典マイペディアの解説

ヨメガカサガイ

ヨメノサラガイとも。ツタノハガイ科巻貝。高さ1cm,長さ5cm,幅3.5cmほどの笠(かさ)形。殻表は普通灰青色のものが多いが,色や模様,肋の強さは個体によって多少異なる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨメガカサガイ
よめがかさがい / 嫁笠貝
[学]Cellana toreuma

軟体動物門腹足綱ツタノハガイ科の笠(かさ)形貝。ヨメノサラともよばれる。北海道以南、本州を経て熱帯西太平洋に分布し、潮間帯の岩礁にすむ。殻長50ミリ、殻幅35ミリ、殻高10ミリに達する笠形で卵形の種で、殻頂は前方に寄っており、そこから多数の放射肋(ろく)が出て、殻表はざらざらしている。殻色は黄、黒、褐色など変異に富み、斑点(はんてん)のある個体が多い。軟体は足が大きく、それで岩に吸着、匍匐(ほふく)する。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヨメガカサガイの関連キーワードウロコムシ嫁が笠嫁の皿嫁笠笠貝