コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーク朝 ヨークちょうYork Dynasty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーク朝
ヨークちょう
York Dynasty

イギリスの王朝 (1461~85) 。同じプランタジネット朝の支派のランカスター朝バラ戦争を起して王位を争う。ランカスター朝の王ヘンリー6世から王位相続権を得た3代ヨーク (公) リチャードが,1460年ウェークフィールドの戦いで戦死したため,翌年その長男エドワードエドワード4世 (在位 1461~70,71~83) として即位,初代の王となる。次いでその子エドワード5世 (在位 83.4.9.~6.25.) が若年で即位したが,叔父のリチャード (エドワード4世の弟) がこれを廃して即位,リチャード3世 (在位 83~85) を称した。しかし彼はボズワースの戦いでランカスター派のヘンリー・チューダーに敗れて戦死,王朝は3代で終った。ヘンリーはエドワード4世の娘エリザベスと結婚してバラ戦争を終らせ,ヘンリー7世としてチューダー朝を開いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヨーク朝【ヨークちょう】

中世末イングランドの王朝(1461年―1485年)。ばら戦争中,ランカスター朝のヘンリー6世を廃してヨークYork家のエドワード4世が初めて即位。同5世が幼年で王位を継いだが,叔父のリチャード3世がこれを廃して即位した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヨークちょう【ヨーク朝 House of York】

イギリス,中世末の王朝。1461‐85年。プランタジネット朝の分枝で,ヨーク家は1385年国王エドワード3世が五男エドマンドにヨーク公爵領を与えて成立した。エドマンドの孫リチャードは1455年,ランカスター朝のヘンリー6世に対し王位継承権を主張してばら戦争を起こし,リチャードの死後,長男エドワードは61年ランカスター派を破って,エドワード4世(在位1461‐83)としてヨーク朝を興した。国王は対内的には71年に離反したウォリック伯とランカスター派を壊滅させて王権を確立し,対外的には新ブルゴーニュ策をとった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨーク朝
よーくちょう

イギリス中世末期の王朝。ヨーク家の起源は、1385年プランタジネット朝エドワード3世の五男エドマンドが分家してヨークYork公に叙せられたことに由来する。1399年からランカスター家との対立が深まり、ばら戦争(1455~85)が起こったことは有名。1461年エドワード4世がヨーク朝初代の王となり(在位1461~83)、ついでエドワード5世(在位1483.4~6)、リチャード3世(在位1483~85)の3人の王がたったが、骨肉の争いや陰謀、謀殺など陰うつな歴史を残し、1485年チューダー家のヘンリー7世がリチャードを倒して新王朝を開いたことにより、ヨーク朝は滅んだ。[松垣 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヨーク朝の関連キーワードテュークスベリーの戦いクリフォード(男家)エドワード(4世)クラレンス(公家)リチャード(3世)イギリス史(年表)エドワード[4世]エドワード(5世)リチャード[3世]ヘンリー[7世]バーネットの戦いヘンリー(6世)ヘンリー[6世]フォーテスキュー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android