コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーロッパフジツボ ヨーロッパフジツボ Amphibalanus improvisus

2件 の用語解説(ヨーロッパフジツボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーロッパフジツボ
ヨーロッパフジツボ
Amphibalanus improvisus

顎脚綱無柄目フジツボ科。殻は白色で,殻径,殻高とも 1cm内外。内湾に生息し,ときに汽水域にまで侵入する。ヨーロッパに広く分布しているが,第1次世界大戦中船底についてアメリカ大陸に運ばれて大西洋岸に,その後第2次世界大戦中には太平洋岸にも分布を広げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヨーロッパフジツボ【Balanus improvisus】

蔓脚(まんきやく)亜綱フジツボ科の甲殻類。第2次世界大戦後,ヨーロッパから船底に付いて,初め南日本に運ばれ,以後各地にも見られるようになったフジツボの1種。殻の直径2cmくらい,殻口の周縁は明りょうに山形に切れ込み,生きているときは淡紫褐色の薄皮で覆われている。元来,ヨーロッパの大西洋沿岸,イギリス海峡,北海およびバルト海など,おもに汽水域に生息したが,現在では日本全土の汽水や浅海域にまで広まり,船底のほか,石杭やいかだなどにも着生しているのが見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヨーロッパフジツボの関連キーワードアカフジツボカメフジツボクロフジツボ蝲蛄富士壺サラサフジツボチシマフジツボ(千島藤壺)ヒメエボシ(姫烏帽子)フクロムシ(囊虫)フジツボ(藤壺∥富士壺)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone