コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーロッパフジツボ ヨーロッパフジツボAmphibalanus improvisus

2件 の用語解説(ヨーロッパフジツボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーロッパフジツボ
ヨーロッパフジツボ
Amphibalanus improvisus

顎脚綱無柄目フジツボ科。殻は白色で,殻径,殻高とも 1cm内外。内湾に生息し,ときに汽水域にまで侵入する。ヨーロッパに広く分布しているが,第1次世界大戦中船底についてアメリカ大陸に運ばれて大西洋岸に,その後第2次世界大戦中には太平洋岸にも分布を広げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヨーロッパフジツボ【Balanus improvisus】

蔓脚(まんきやく)亜綱フジツボ科の甲殻類。第2次世界大戦後,ヨーロッパから船底に付いて,初め南日本に運ばれ,以後各地にも見られるようになったフジツボの1種。殻の直径2cmくらい,殻口の周縁は明りょうに山形に切れ込み,生きているときは淡紫褐色の薄皮で覆われている。元来,ヨーロッパの大西洋沿岸,イギリス海峡,北海およびバルト海など,おもに汽水域に生息したが,現在では日本全土の汽水や浅海域にまで広まり,船底のほか,石杭やいかだなどにも着生しているのが見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone