ラウエ斑点(読み)ラウエハンテン

法則の辞典の解説

ラウエ斑点【Laue spot】

X線応力測定法の応用の一つで,たとえば背面反射法を用いて単結晶体に白色X線を照射したとき,ブラッグ角*を満足するフィルム上の位置に周期的に斑点が現れ,双曲線を形成する.この斑点列をもとに結晶の構造解析が可能となる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ラウエはんてん【ラウエ斑点】

固定された単結晶に当たって回折を起こした X 線が写真フィルム上につくる斑点状の像。1912年、ラウエが発見。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ラウエ‐はんてん【ラウエ斑点】

〘名〙 ラウエ法で撮影された写真上の斑点。結晶構造、X線の波長などから決まる、ある条件を満足する点にこの斑点ができるため、逆にこの斑点を解析すると結晶の構造についての知識が得られる。一九一二年M=ラウエが発見した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のラウエ斑点の言及

【X線】より

…その電子がK殻にあった電子であれば,この不連続はK吸収端と呼ばれる。 波動の特徴は回折現象を起こすことであるが,X線が結晶によって回折され,その結晶特有の回折斑点(ラウエ斑点という)を与えることが1912年ラウエによって発見され,X線が波動としての性質をもつことが明らかにされた。ラウエはさらに,回折の条件として,ラウエ条件を定式化し,結晶中の原子間隔,X線の波長,入射方向,回折線の現れる方向の間の関係を導いた。…

※「ラウエ斑点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android