ラエリウス(英語表記)Laelius, Gaius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラエリウス
Laelius, Gaius

[生]?
[没]前160以後
古代ローマのプレプス (平民) 出身の軍人。スキピオ・アフリカヌス (大スキピオ) に従い第2次ポエニ戦争に参加。ザマの戦いでは騎兵を指揮。歴史家ポリュビオスにスキピオに関する資料を提供した。

ラエリウス
Laelius Sapiens, Gaius

古代ローマ,プレプス (平民) 出身の前2世紀の軍人,政治家。 G.ラエリウスの子。スキピオ・アエミリアヌス (小スキピオ) に従い第3次ポエニ戦争に参加。前 140年執政官 (コンスル ) 。グラックス兄弟の改革に反対。改革派弾圧に一役買った。詩,ギリシア哲学を愛好し,スキピオのサークルに属した。 M.キケロの『老年について』『友情について』 (『ラエリウス』とも呼ばれる) の登場人物の1人。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android