コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスキーヌ ラスキーヌLaskine, Lily

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラスキーヌ
Laskine, Lily

[生]1893.8.31. パリ
[没]1988.1.4. パリ
フランスのハープ奏者。 1905年パリ国立音楽院を卒業。 06~26年パリ・オペラ座管弦楽団のハープ奏者を振出しに,コンセール・クーセビツキー,コンセール・ラムルーフランス国立放送管弦楽団などのソリストとして活躍した。 48~58年,パリ国立音楽院教授。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラスキーヌ【Lily Laskine】

1893‐1988
フランスのハープ奏者。1905年にパリ音楽院を卒業,パリ・オペラ座管弦楽団,ラムルー管弦楽団,フランス国立放送管弦楽団のハープ奏者を歴任。その間,独奏や室内楽活動を行い,国際的な名声を得た。1948年から58年までパリ音楽院教授も務めた。ラスキーヌは,ハープをオーケストラ楽器から独奏楽器に押し上げるのに貢献した。この楽器特有の優美な趣に,華やかな音色,豊かなニュアンスなどを付け加え,表現力を拡大することに努めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラスキーヌ
らすきーぬ
Lily Laskine
(1893―1988)

フランスの女流ハープ奏者。パリ生まれ。パリ音楽院を卒業してパリ・オペラ座管弦楽団、ラムルー管弦楽団などの専属奏者となる。同時に室内楽や独奏でも積極的に活動、ハープの地位を高めるのに大きな役割を果たし、20世紀最高のハープ奏者の名をほしいままにして、多くの作曲家から作品を献呈された。1948~58年パリ音楽院教授。58年にはレジオン・ドヌール十字勲章を受けた。その演奏は、華やかな音色と気品のある繊細な表情に特色があり、それによってフランスのハープ演奏の一典型を生み出した。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラスキーヌの関連キーワードマリ‐クレール ジャメ8月31日山宮るり子篠崎史子

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラスキーヌの関連情報