コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスプーチン Rasputin, Grigorii Efimovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラスプーチン
Rasputin, Grigorii Efimovich

[生]1864/1865. ポクロフスコエ
[没]1916.12.30. ペトログラード
ロシアの神秘主義的修道士。皇帝ニコライ2世と皇后アレクサンドラ・フョードロブナの寵臣。本名をノビフといい,シベリアの農民の子として生れた。キリスト教の一分派,むち打ち教に加わり,若いときは放蕩を尽したが,人並みはずれた体力と雄弁で,1902年頃から預言者,聖僧と噂された。 04~05年ペテルブルグの社交界に進出,やがて皇太子アレクセイの血友病に悩む皇后に近づき (一種の催眠療法によって皇太子の出血を何度か止めたという) ,またニコライの治世への神の加護を約して,次第に皇室に影響力をもつようになった。皇后への影響は,第1次世界大戦勃発後の 15年,皇帝がみずから前線の指揮をとるため戦場へおもむいて以来,特に強まった。その国政へのたび重なる干渉,彼を中心とする上流社会の醜聞に憤った皇太子フェリクス・ユスポフ,皇族のドミトリー・パブロビッチらによって暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラスプーチン(Grigoriy Efimovich Rasputin)

[1872~1916]ロシアの修道僧。ニコライ2世の皇后アレクサンドラの信頼を得て、宮廷内に絶大な権力をふるった。第一次大戦中に親独派と結んで講和を図ったとして、反対派の貴族に暗殺された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ラスプーチン

ロシアの宗教家。帝政末期に宮廷に出入りし,皇太子の血友病を祈祷で治療したと称して皇后アレクサンドラの信頼を得た。第1次大戦中には皇帝ニコライ2世をも動かして国政を左右,事態を憂慮する大貴族と右翼政治家によって暗殺された。

ラスプーチン

ロシアの小説家。シベリアのイルクーツクブラーツクの間の寒村に生まれた。半年は雪と氷に閉ざされるシベリアの農村で,家霊や森の精の存在を感じながら過ごしたことが,その作品の下地となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラスプーチン【Grigorii Efimovich Rasputin】

1864か65‐1916
帝政ロシア末期の怪人物。シベリアのチュメニ県ポクロフスコエ村出身の農民。馬泥棒をして村を追放されたのち,修道院を回って宗教家となり,村に戻った。その宗教はフリスト(鞭身派)という新宗派に近い新興宗教で,催眠術もとり入れたようである。1904年ペテルブルグに上り,首都の神学大学校のフェオファンの紹介で,ニコライ大公Nikolai Nikolaevich(1856‐1929)の夫人のもとに出入りし,そこから〈神の人〉として皇后アレクサンドラに紹介された。

ラスプーチン【Valentin Grigor’evich Rasputin】

1937‐
ロシアの小説家。シベリアのウスチ・ウダ生れ。イルクーツク大学を卒業後,地方新聞の記者を経て,1961年から短編を発表。66年ルポルタージュ集と短編集《この世の人》を出版したが,本領を発揮したのは中編小説で,《マリアのための金》(1967),《最期》(1970),《マチョーラとの別れ》(1976)などがある。77年には第2次世界大戦中のシベリアの脱走兵とその妻を描いた《生きよ,そして記憶せよ》(1974)により,ソ連邦国家賞を受けた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ラスプーチン【Rasputin】

〔Grigorii Efimovich R.〕 (1872頃~1916) ロシアの宗教家。皇太子の病気治療によりニコライ二世と皇后の信任を得て政治に関与し、権力を振るう。反対派貴族に暗殺された。怪僧の異名をもつ。
〔Valentin Grigor'evich R.〕 (1937~ ) ロシアの小説家。科学文明を批判し、農村の古き良き価値を守ろうとする「農村派」の代表者。大部分の作品はシベリアを舞台とする。代表作「生きよ、そして記憶せよ」「マチョーラとの別れ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のラスプーチンの言及

【ロシア革命】より

…この状況の中で,全工業の動員を主張して軍需生産への参入をめざすモスクワ資本の動きは,戦時工業委員会をつくり出し,国の信任をうる人々よりなる内閣を求める国会多数派〈進歩ブロック〉が形成された。皇帝は皇后とラスプーチンの助言で,敗北の責任者,ロシア軍最高司令官ニコライ大公を解任し,みずからがその後任となった。大臣たちはこれに強く反発し,皇帝と激突した。…

※「ラスプーチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラスプーチンの関連キーワードラスプーチン(Grigoriy Efimovich Rasputin)ウォルフガング ハイヒェルヘンリエッテ ハイヒェルエドワルド ラジンスキーアレクセイ ペトレンコファルフ ルジマートフロシア革命史(年表)スティーブ ベンダーイアン マッケランレスリー マンドキニコライ(2世)エディナ ポップペレストロイカプロトポーポフチホミーロフユスポフ宮殿ピスカートルステュルメル自壊する帝国ロシア革命

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラスプーチンの関連情報