コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラチラカ ラチラカRatsiraka, Didier

1件 の用語解説(ラチラカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラチラカ
Ratsiraka, Didier

[生]1936.11.4. バトマンドリー
マダガスカルの軍人,政治家。タナナリブ (現アンタナナリボ) のサン・ミシェルカレッジを卒業したのちフランスへ渡り,パリのアンリ4世校を経て海軍兵学校海軍大学校に学んだ。 1963年帰国して,マダガスカル海軍の各部署で勤務,70~72年フランスのマダガスカル大使館付き武官。 72~75年外相。 75年6月最高革命評議会が政権を握ると,その議長となり,国防相をも兼任。同年 12月の国民投票によって大統領に選ばれ,あらためて社会主義的国家建設を指導することとなった。 76年3月革命前衛党 AREMAを結成し,書記長に就任,同党中心の統一戦線「マダガスカル社会主義革命防衛国民戦線」 FNDRを唯一の合法政治組織とする事実上の一党体制をしいた。 89年3月大統領に3選されたが,経済の悪化と世界的な民主化の流れのなかで体制批判が強まり,93年2月の大統領選挙 (決選投票) では対立候補の A.ザフィに敗れた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラチラカの関連キーワード数学基礎論ジョージ人民戦線トヨダAA型浪華悲歌日本映画クイーンメリー妖棋伝岡田啓介内閣オリンピック

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone