コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラディカル・エコノミックス radical economics

1件 の用語解説(ラディカル・エコノミックスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラディカル・エコノミックス【radical economics】

1960年代のアメリカでは,ベトナム反戦運動黒人解放運動フェミニズム等々,さまざまな社会運動が噴出した。こうした状況下,大学制度の内部にいる職業的な経済学者や大学院生に対しても,研究の方法論や研究課題の選択に関して新しい方向づけを迫った。それまでのアメリカの経済理論や実証研究の主題は,ケインズの理論をも包含する新古典派総合呼ばれるものであったが,これは先験的に平等とされる諸個人や企業の集合体として経済をとらえる傾向をもっているため,人種差別などにみられる現実の経済社会における階層構造にまで立ち入って分析を行い,改めるべき点があれば変革のプログラムを提出するだけの内在的契機を欠く面がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ラディカル・エコノミックスの関連キーワードメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済第5世代コンピューターR.E.M.

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone