コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制度学派 せいどがくは institutional school

6件 の用語解説(制度学派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

制度学派
せいどがくは
institutional school

アメリカにおいて 19世紀末から発達した経済学の一学派。古典学派限界効用学派新古典学派などの一般化,抽象化された機械的分析に対する批判から生れたもので,経済現象を人間の社会的行動によって歴史的に広く普及した社会的慣習としての制度の問題としてとらえ,アメリカ社会の制度的特徴とその変化に即して経済を具体的に把握しようとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいど‐がくは【制度学派】

19世紀末から20世紀初めにかけて米国で形成された経済学の一学派。慣習的思考様式や家族・株式会社労働組合・国家などの活動体を制度とし、こうした制度の累積的進化過程を経済現象としてとらえようとした。ベブレンコモンズミッチェルらが代表者とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

制度学派【せいどがくは】

家族,株式会社,労働組合,産業団体,国家等の経済組織の要因や社会的・政治的要因によって経済現象を究明する米国の経済学派。1880年代から1930年代にかけて形成された。
→関連項目ガルブレース

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいどがくは【制度学派 institutionalism】

アメリカにおいて19世紀末から20世紀初頭にかけて,T.ベブレンを先頭にして形成された経済学の学派をさす。1870年代以降,アメリカ経済は,活発な技術進歩と南西部の広大な国内市場とを背景にして,とくに工業部門で急激な成長期にあったが,同時に,新たに多様な社会問題をも発生させた。独占体の形成,国民的規模の不況,巨大資本による土地投機およびそれらに対する労働者や農民の組織的反抗などがそれである。そうした活動は,株式会社,企業者組合,労働組合あるいは農民組合などといった集団によって遂行されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいどがくは【制度学派】

アメリカで一九世紀末から二〇世紀初頭にかけて形成された経済学の学派。経済現象を慣習の体系である制度とみなし、その進化をとらえようとする。ベブレン・コモンズ・ミッチェルらが代表的。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

制度学派
せいどがくは
institutional schoolinstitutionalism

1880年代ごろから1920年代末葉ごろまでアメリカで非常な影響力をもっていた、当時においては多分にアメリカ独自の経済学上の一流派。アメリカでは19世紀なかば以来、経済の制度面を重要視し、社会の制度や構造と関係させながら経済事実を詳細に考察し、事実とかなり密着した、あまり抽象化されない理論を展開しようとする考え方が強かった。この考え方が、イギリス古典派および1880年代から有力化し始めた新たな抽象理論中心の経済学に対する反発と、アメリカで当時急速に強まっていた独占的・金権主義的経済体制に対する批判として、かなり組織化されたのが、のちに(1910年代の後半ごろから)制度学派とよばれるようになった、この集団である。
 制度学派は、アメリカ経済学会創始者の1人R・T・イリーらによって先鞭(せんべん)がつけられていたが、普通その創始者とされるのはT・B・ベブレンであり、彼に続く代表者としてはJ・R・コモンズやW・C・ミッチェルがあげられることが多い。彼らにほぼ共通してみられるのは、古典学派や限界革命以後の限界原理にたつ諸学派の狭義の経済理論の抽象性、自己限定性を飽き足らなく思い、社会主義的思想、C・S・パースやW・ジェームズ、J・デューイらの行動主義哲学や行動主義心理学と、C・R・ダーウィンの進化論、とくにH・スペンサーの進化論的社会観の影響のもとに、経済現象を、人間の多分に本能的な社会的行動によって歴史的に広く普及した「制度」institutionの問題としてとらえ、そのようなものとしての経済現象を、社会改良主義の立場にたちつつ、狭義の経済理論だけでなく、いわば隣接領域たる心理学、社会学、法学、統計学、文化人類学等々の成果をも積極的に援用しながら、歴史的に解明しようとする態度である。ベブレンは、代表作『有産階級の理論』Theory of the Leisure Class(1899)や『企業の理論』Theory of Business Enterprise(1904)にみられるように、当時の経済理論や経済体制を鋭く批判した点に最大の貢献があり、ミッチェルは1913年以来の相次ぐ包括的景気循環の研究で著名で、またコモンズは経済問題をさまざまな側面で人間の集団的活動としてとらえる多くの労作を刊行した。
 1970年ごろから経済問題に対する学際的interdisciplinaryないし超学的transdisciplinary接近の必要性が強調されだしてから、制度学派はふたたび大きく見直されるようになってきており、今日そのような角度から経済問題を論じているK・G・ミュルダールやJ・K・ガルブレイスらがしばしば「新制度学派」とよばれている。[早坂 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の制度学派の言及

【機能主義】より

…この問題をさらに厳密に考えぬき質量,力,エネルギー,原子,時間,空間といった近代科学の基本概念を,実体的なものの表現としてではなく,現象相互の関係やその変化を法則的に表現しようとする関数概念と解すべきだと説くカッシーラーの主張(《実体概念と関数概念》1910)なども,〈機能(関数)主義〉とよばれてよい。 一方,個別科学の領域で機能主義的と見られるのは,心理学においてはW.ジェームズの流れをくむデューイやJ.R.エンジェルらの機能心理学,それを継承するJ.B.ワトソン,G.H.ミードらの行動主義心理学,民族学や人類学の領域ではデュルケームの影響下に立つB.K.マリノフスキー,ラドクリフ・ブラウンらの機能学派,経済学におけるベブレンの制度学派,法学ではR.パウンドの社会工学,G.D.H.コールらギルド社会主義者の機能的国家論などである。しかし,この場合も,たとえば心理学における機能主義が,意識をその内容にではなく作用に即して考察し,その生物学的意味を解明しようとするものであり,C.ダーウィンやH.スペンサーの進化論の強い影響下に発想されたものであるのに対して,人類学におけるそれは,むしろ歴史主義や進化主義への批判から出発し,社会や文化を孤立した要素の複合体と見る従来の考え方に反対して,現存の制度や慣習の機能を全体としての文化や社会との関連のうちで解明しようとするものである。…

【経済学説史】より

…そして《プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神》で有名なM.ウェーバーの理念型や価値自由性などの方法論的研究は,歴史学派の自己批判であったといえる。 ドイツにおける歴史学派に対応するものが,アメリカにおける制度学派である。《有閑階級の理論》(1899)のT.B.ベブレン,《集団行動の経済学》のJ.R.コモンズ,景気循環の測定のW.ミッチェルなどのほか,現代のJ.K.ガルブレースもこの学派に属するといえよう。…

【ベブレン】より

…ノルウェー系のアメリカの経済学者で,制度学派の創始者。ウィスコンシン州の片田舎カトーに生まれ,ジョンズ・ホプキンズ大学,イェール大学で哲学,人類学,社会学,経済学を学んだ。…

【歴史学派】より

…彼もやはり古典派や新古典派の静態的な経済社会理論を手厳しく批判する。彼は経済学は〈進化の科学〉たるべきだと主張し,そして彼の制度学派は経済社会の累積的な変化のプロセスをプロセスそれ自体に即して考察しようとするものであった。歴史学派はベブレンの制度学派と同様に社会科学としての経済学に重要な示唆を与えるものであり,その意味で歴史学派を古典派に対する単なる反動とみなすことはできない。…

※「制度学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

制度学派の関連キーワードアフリカ分割市政調査会同性愛ラテンアメリカバガモヨ遠いアメリカアメリカ アメリカ排日移民法文化圏説パン・アメリカ主義

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

制度学派の関連情報