ラマダン(英語表記)Ramadan

翻訳|Ramadan

デジタル大辞泉 「ラマダン」の意味・読み・例文・類語

ラマダン(〈アラビア〉Ramaḍān)

ラマダーン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「ラマダン」の意味・読み・例文・類語

ラマダン

  1. 〘 名詞 〙 ( [アラビア語] ramaḍān )[ 異表記 ] ラマザーン イスラム太陰暦の第九月。この一か月間、イスラム教徒日の出から日の入りまで断食斎戒を行なう。断食月。〔日本家庭大百科事彙(1927‐31)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

世界の祭り・イベントガイド 「ラマダン」の解説

ラマダン【Ramadan】

イスラム教徒が断食を行う月。日の出から日没までの間は、食事をとらず、水も飲まない。日没から日の出までの間だけ食事をする。異教徒には強制されない。◇ラマダンの時期は、西暦622年を元年とする陰暦ヒジュラ暦)の第9の月で、新暦では毎年11日ずつずれて早くなる。国によって1日程度ずれることがある。

出典 講談社世界の祭り・イベントガイドについて 情報

デジタル大辞泉プラス 「ラマダン」の解説

ラマダン

ヒジュラ暦(イスラム暦)第9月。イスラム教では断食の月とされ、日の出から日没まで飲食を絶つ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ラマダン」の意味・わかりやすい解説

ラマダン

ラマダーン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android