コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラリサ ラリサ Lárisa

2件 の用語解説(ラリサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラリサ
ラリサ
Lárisa

ギリシア,バルカン半島部中部,セサリア (古代名テッサリア) 地方の都市。セサロニキ南南西約 120km,セサリア平野東部の中心都市で,ピニオス川にのぞむ。古代にこの地方がいくつかの強力な貴族に支配されていた時代に,ラリサアレウアダイ家の支配の中心地で,ペロポネソス戦争ではアテネ側について戦ったが,のち内紛で衰退。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラリサ
らりさ
Larisa

ギリシア中部、テッサリア地方の中心地で、ラリサ県の県都。人口12万6076(2001)。首都アテネから北西220キロメートルの距離にある。ギリシアの南北と東西を結ぶ十字路に位置する交通上の要地。ピニオス川の河畔を占め、鉄道でボロス港に容易に達し、空港もある。また、肥沃(ひよく)かつ広大なラリサ平野の農産物の集散地でもある。紀元前6世紀ごろからこの地方の重要な都市となり、前4世紀までテッサリア全土を支配した豪族アレウアダイの本拠であった。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラリサの関連キーワードイリュリア人バルカン山脈バルカン戦争バルカン半島ペロポネソス半島マケドニアマケドニア王国巴爾幹バルカン・ハウンド《バルカン半島》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラリサの関連情報