コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラルティーグ

3件 の用語解説(ラルティーグの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ラルティーグ

フランスの写真家。パリ郊外のクルブボワ生れ。7歳の時に父よりカメラを贈られ,その日から撮影を始めた。裕福な家庭に生まれた少年の周囲には,車,飛行機蓄音機ファッション,映画,スポーツ,旅など,両大戦間のよき時代を象徴する被写体が溢れていた。
→関連項目アベドン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラルティーグ【Jacque Henri Lartigue】

1894‐1986
フランスの写真家。パリ郊外の裕福な銀行家の家に生まれたラルティーグは,7歳のとき父からカメラをプレゼントされ写真を撮り始める。その日から撮りためられた20万枚を超す彼の写真は,グライダー遊びや自動車レース,自分の新婚旅行などを写したファミリーフォトであり,そこには古き良き時代のブルジョア社会が記録されている。そこでは好奇心に満ちたストレートな眼が,ういういしい少年の心が世界と出会うときの喜びの一瞬をとらえ,写真の楽しさ豊かさそのものを語っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラルティーグ
らるてぃーぐ
Jacques-Henri Lartigue
(1894―1986)

フランスの写真家、画家。パリ近郊クルブボア生まれ。1915年からパリのアカデミージュリアンに通い、画家ジャンポールローランスやマルセル・アンドレ・バシェMarcel-Andr Baschet (1862-1941)に師事。22年にはじめて展覧会に出品して以来、画家として活動していたが、63年MoMA(ニューヨーク近代美術館)の写真部長ジョン・シャーカフスキーに見いだされ、同館で写真展を開催して以降は写真家として知られた。
 ラルティーグが写真を撮りはじめた直接のきっかけは、1901年、当時登場しはじめたハンド・カメラを父親からプレゼントされたことである。記念すべき最初の写真は、別荘の庭で両親にポーズをとらせて撮ったもので、以来写真の魅力に目覚めたラルティーグは、兄弟、親戚、友人などの日常生活をあたかも日記をつけるかのように撮影した。ベル・エポックの華やかな時代にパリ近郊の富裕な家庭に育った彼にとって、写真に撮るための新奇なモチーフは尽きることがなく、持ち運びの簡単なハンド・カメラの特質を生かして、自宅や別荘でのひととき、海辺や競馬場へのピクニック、スキー、自転車レース、自動車レース、グライダー、テニスといったスポーツなどさまざまな場面での一瞬一瞬を、生き生きととらえた。最新のモードを身につけて、楽しげに過ごす人々の軽やかな動きを鋭敏にとらえたラルティーグの写真はユーモアにあふれており、家族アルバムという形式に凝縮されているような、愛しい人々や光景を記録するという写真本来の魅力をあますところなく伝えるものとなっている。
 63年のニューヨークでの個展は、写真を撮りはじめて63年目にして初めての展覧会となったが、以降66年には『ラルティーグ写真集――ベル・エポックの家族アルバム』Les Photographies de J. H. Lartigue; Un Album Famille de la Belle poqueがフランス語版、英語版と相次いで刊行され、続いて70年には、アメリカのファッション写真家リチャード・アベドンによって編まれた写真集『1世紀の日記』Diary of a Centuryが刊行されるなど、70歳を超えたラルティーグはにわかに写真家として国際的に注目されはじめた。とはいえラルティーグ本人は自分のことをプロの写真家とみなしていたわけではなく、パスポートの職業欄にはいつも「芸術家、画家」と記されていたことが知られている。78年にいたるまで幾多の個展を開催し絵画を発表してきた彼にとっての本業とはあくまでも絵画制作であり、写真はアマチュアとして嗜(たしな)むものだったのである。しかし、それゆえにこそ、ラルティーグの視線には、写真の理論や法則に一切しばられないのびやかさが備わっていて、その作品は写真が本来もっている楽しさがあふれるものとなった。[河野通孝]
Les Photographies de J. H. Lartigue; Un Album Famille de la Belle poque (1966, Edita S.A., Lausanne) ▽Les Femmes (1973, St Nlle des ditions du Chne, Paris) ▽Jacques-Henri Lartigue (1976, Aperture, New York) ▽Richard Avedon ed. Diary of a Century (1970, The Viking Press, New York) ▽Photographs of Jacques-Henri Lartigue (catalog, 1963, The Museum of Modern Art, New York)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラルティーグの関連キーワード上野彦馬ダゲールナダールカルティエブレッソン写真家パリジャンフランスパンCNESフランスソワール松浦栄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラルティーグの関連情報