コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピクトリアリズム pictorialism

1件 の用語解説(ピクトリアリズムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ピクトリアリズム【pictorialism】

写真用語。〈絵画主義〉と邦訳される。絵画芸術を手本として,既成の絵画的な主題(風景,静物,肖像など)や方法(構図など)に追従した写真の様式をいう。特に19世紀末から20世紀の初めにかけて,イギリスを中心にしてさかんであったが,しだいに世界的な影響を与え,日本でも明治から大正期にかけて,そのような〈芸術的〉な写真が写真表現の中心的な位置を占めた。日本ではとくに水墨画や俳画の影響の強いことが初期における特色である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピクトリアリズムの関連キーワード絵画統覚法絵画画学画調画譜仏教絵画リヒトグラフィック挿絵画家変形権ディーセント・ワーク

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピクトリアリズムの関連情報