コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラルース ラルース Larousse, Pierre-Athanase

5件 の用語解説(ラルースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラルース
ラルース
Larousse, Pierre-Athanase

[生]1817.10.23. ヨンヌ,ツシー
[没]1875.1.3. パリ
フランスの文法学者,辞書編纂者。ベルサイユ師範学校に学んだのち,故郷に帰ってしばらく小学校の校長をつとめたが,1840年パリに出,52年ラルース書店を設立した。『基礎文法事典』 Grammaire élémentaire lexicologique (1849) ,『文法分析提要』 Traité complet d'analyse grammaticale (50) を著わし,『新フランス語辞典』 Nouveau dictionnaire de la langue française (56) を編纂,特に『19世紀世界百科事典Grand Dictionnaire Universel du XIXe siècle (15巻,66~76) は彼の名を不朽のものとし,今日の『ラルース百科事典』の礎となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラルース(Larousse)

(Pierre-Athanase ~)[1817~1875]フランスの文法学者。ラルース書店を設立。「一九世紀世界百科事典」を編集。
フランスの百科事典。が設立したラルース書店発行。「大ラルース百科事典」10巻(1960~64年刊)、「大百科事典」20巻(1971~76年刊)などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラルース【Pierre Larousse】

1817‐75
フランスの文法家,百科事(辞)典編集者。初め初等教育の教授法を革新するための文法書や教育学の著作を数多く書いたが,やがて1852年ボアイエAugustin Boyer(1821‐96)と共同で教育書の出版社を設立した。65年独立し,全15巻の《19世紀世界大辞典》を分冊形式で刊行して翌年に第1巻が完成,76年に完結した。出版社は彼の妻や親族によって継承され,《20世紀ラルース》(1928‐33),《ラルース大百科事典》(1960‐64)等々を刊行,今日フランス第一の百科事典出版社となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ラルース【Larousse】

○ 〔Pierre L.〕 (1817~1875) フランスの文法学者。ラルース書店を興し、「ラルース大百科事典」の礎石をなす「一九世紀世界大辞典」(一五巻)を出版した。
フランスの百科事典。ラルース書店発行。「二〇世紀ラルース」六巻(1927~33年刊)、「ラルース大百科事典」一〇巻(1960~64年刊)、「小ラルース」一巻など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラルース
らるーす
Larousse

フランスの代表的な事典・辞書出版社。1852年、ピエール・ラルースPierre-Athanase Larousse(1817―75)が友人のボアイエPierre Augustin Boyer(1821―96)とともに開いたラルース・ボアイエ書店がその前身である。1856年に初めて小百科事典を出版、これが後の『プチ・ラルース』Petit Larousse(1905年、ラルースの甥(おい)クロード・オジェの監修でスタート)の元祖となった。「レベルを落とさずに大衆化を」というピエールの信念をモットーに創刊された『19世紀世界(万有)百科事典』Grand dictionnaire universel du XIXe sicle全15巻(1866~76、のち78、88に補遺2巻)によって、ラルースの名は世界的に有名になったが、1984年6月、経営難から情報関連会社CEP(セーウーペー)に吸収された。『大ラルース百科事典』『20世紀大事典』のほか、『フランス語大辞典』『レキシス』などの言語辞典が代表的出版物である。事典編集から派生した数々の定期刊行物、分野別専門事典なども多く出版されており、1990年代以降は電子化された事典・辞書も多数発行されている。[矢野浩三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラルースの関連キーワード已んぬる哉宝ジェンヌコンセール・コロンヌサクラクレヨンスーパー・カンヌセザンヌ頌ぶんぬけたローザンヌマラソンヨンヌ[川]よんよん

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラルースの関連情報