コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランゲル山脈 ランゲルさんみゃくWrangell Mountains

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランゲル山脈
ランゲルさんみゃく
Wrangell Mountains

アメリカ合衆国アラスカ州南東部にある山脈。海岸山脈の一部をなし,コパー川からセントエライアス山脈まで,幅約 100km,長さ約 160kmにわたって連なる。3000mをこえる高峰が多く,ブラックバーン山 (4996m) ,サンフォード山 (4949m) などが含まれる。雪原が集まっていくつかの氷河となり,なかには長さ 70kmをこえるものもある。高峰の多くは火山で,ランゲル山 (4317m) は最も遅くまで活動を続けていた。20世紀初めにマッカーシー北部で豊富な銅鉱が発見され,金,銅,亜鉛などの採掘が続いている。セントエライアス山脈とともに,ランゲル=セントエライアス国立公園・自然保護区の中心の一つをなす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランゲル山脈
らんげるさんみゃく
Wrangell Mountains

アメリカ合衆国、アラスカ州東部からカナダ国境にかけて横たわる火山脈。東はセント・エライアス山脈につながり、西はアラスカ湾に注ぐカッパー川流域の盆地で終わる。湾側にはチュガチ山地が並行し、北側にはアラスカ山脈がある。標高4000メートルを超す高山が集まり、氷河の発達が著しい。主要な山はランゲル火山(4267メートル)のほか、サンフォード、ボーナ、スティール山などがある。[鶴見英策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ランゲル山脈の関連キーワードボーナ山

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android