コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランスロ ランスロLancelot, Claude

3件 の用語解説(ランスロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランスロ
ランスロ
Lancelot, Claude

[生]1616. パリ
[没]1695.4.15. カンペルレ
語学教育法に新境地を開いたフランスジャンセニスト。 1637年サン・シランの指導を受けてポール=ロワイヤル隠修士となり,46年よりその小学院で教えた。教授体験から『ラテン語習得新方法』 Nouvelle Méthode pour apprendre la langue latine (1644) ,『ギリシア語習得新方法』 Nouvelle Méthode pour apprendre la langue grecque (55) が生れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ランスロ

音楽家。フランスのクラリネット奏者。ルーアンの生まれ。カエン音楽院でフェルナン・ブラシェ,パリ音楽院でオーギュスト・ペリエに師事。フルート奏者ジャン=ピエール・ランパルらと結成したパリ木管五重奏団の演奏活動で世界的に知られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランスロ
らんすろ
Jacques Lancelot
(1920―2009)

フランスのクラリネット奏者。パリ音楽院卒業。ラムルー管弦楽団、ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団の首席奏者を経て、ランパルなどとフランス管楽五重奏団を結成、名を知られた。独奏者としても各地で活動し、1965年(昭和40)初来日。感覚的な冴(さ)えを感じさせる柔らかい響きに加えて、作品の様式を的確にとらえ、再現する能力に恵まれているとの評価を得た。ウーブラドゥ室内管弦楽団の首席奏者、生地のルーアン音楽院教授などを務めた。[岩井宏之]
「『エラート録音集大成』CD7枚組(2001・ワーナーミュージック)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のランスロの言及

【ランスロ物語】より

…アーサー王に仕える円卓の騎士の一人ランスロ卿を主人公とする物語。最初に成立したのは,おそらくフランスでクレティアン・ド・トロアが1170年代に書いた韻文長編《ランスロまたは荷車の騎士》で,他界の王にさらわれたアーサー王妃をランスロが屈辱に耐えて救出する挿話を物語るものであった。…

※「ランスロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ランスロの関連キーワード安保理決議1695と1718カンプハイス桃林堂蝶麿島津光久吉川惟足高崎藩デンマーク文学本多正信坂崎直盛後金

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ランスロの関連情報