コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランドルフ ランドルフ Randolph, Asa Philip

8件 の用語解説(ランドルフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランドルフ
ランドルフ
Randolph, Asa Philip

[生]1889.4.15. アメリカフロリダクレセント
[没]1979.5.16. アメリカ,ニューヨーク
アメリカの黒人運動,労働運動の指導者。ニューヨーク市立大学を出て,ハーバード大学で博士号を取得。 1925年寝台車ポーター組合の組織化に取組み,41年には黒人の公正雇用を要求するワシントン大行進を組織し成果を収めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ランドルフ
ランドルフ
Randolph, Edmund Jennings

[生]1753.8.10. ウィリアムズバーグ
[没]1813.9.12. クラーク
アメリカの法律家。バージニア案起草者。大陸会議 (1779~82) に参加。 1786~88年バージニア邦知事。連邦政府法務長官を 94年までつとめた。憲法制定において政府と個人の権利擁護を強く望んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ランドルフ
ランドルフ
Randolph, John

[生]1773.6.2. バージニア,プリンスジョージ
[没]1833.5.24. フィラデルフィア
アメリカの政治家。ロアノークに農園をもち,「ロアノークのランドルフ」として知られる。連邦下院議員 (1799~1813,15~17,19~25,27~29) ,連邦上院議員 (25~27) をつとめ,この間 1801年歳入委員会委員長,以後リパブリカンズ (共和派) の指導的存在となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ランドルフ
ランドルフ
Randolph, Peyton

[生]1721頃.バージニア,ウィリアムズバーグ
[没]1775.10.22. フィラデルフィア
アメリカ植民地時代末期の法律家,政治家。ロンドンで法律を学び,1748~75年バージニア植民地下院議員,66~75年その議長をつとめた。この間次第に独立派に同情的となった。 74年第1回大陸会議代表となり,同会議議長をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ランドルフ
ランドルフ
Randolph, Thomas

[生]1605.6.15. ノーサンプトンシャー,ダベントリー
[没]1635.3. ブラサーウィック
イギリスの詩人,劇作家。ケンブリッジ大学に学んだ。戯曲『アリスティパス-陽気な哲学者』 Aristippus,or The Joviall Philosopher (1630) ,『ミューズの手鏡』 Muses' Looking-Glass (30) などのほか,多くの詩がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ランドルフ
ランドルフ
Randolph

アメリカ合衆国,マサチューセッツ州東部の都市。ボストン大都市圏に含まれる。 1710年入植。初めインディアンのコチャト族にちなんで「コチャト」と呼ばれたが,のち大陸会議の初代議長 P.ランドルフの名が地名となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ランドルフ

《Randolph》アメリカ海軍航空母艦エセックス級航空母艦。1944年10月就役。第二次世界大戦末期の硫黄島上陸作戦の支援、日本の本州攻撃などに参加。1948年、予備役となる。その後再就役して、キューバ危機での作戦などに参加した。1969年退役。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランドルフ
らんどるふ
Asa Philip Randolph
(1889―1979)

アメリカの黒人労働運動、公民権運動指導者。フロリダ州の牧師の子に生まれ、ニューヨーク市立大学で勉学。社会党に入党し、1917年戦闘的黒人運動誌『メッセンジャー』を創刊。黒人労働者の労働組合への組織化の必要を力説し、25年寝台車ポーター友愛会を設立して会長となる。黒人労働運動の中心的存在となり、労働運動内の人種差別撤廃に努力し、55年AFLCIOの合同に際してその副会長の一人となった。差別に抗議して政府に圧力をかけることにより、41年には大統領F・ルーズベルトから軍需産業における差別撤廃と公正雇用慣行委員会の設立についての行政命令、48年にはトルーマン大統領から軍隊内における差別を禁止する行政命令を獲得するなど、黒人の権利擁護のための不屈の闘士として活動し、成果をあげた。63年には「自由と仕事のため」のワシントン大行進の主要組織者の一人となった。[野村達朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランドルフの関連キーワードバージニアウエストバージニアバージニア・エスバージニア・エス・デュオ・メンソールバージニア・エス・ノアール・メンソールバージニア・エス・ライト・メンソールバージニア・エス・ロゼ・メンソールバージニア・エス・ワン・メンソールバージニア・スリムバージニアン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ランドルフの関連情報