コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランベス会議 ランベスかいぎ Lambeth conferences

3件 の用語解説(ランベス会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランベス会議
ランベスかいぎ
Lambeth conferences

カンタベリー大主教をホスト兼座長として,ほぼ 10年ごとに,大主教のロンドンの屋敷,ランベス館で開催されるアングリカン・コミュニオンの主教たちの会議。第1回会議はカナダ聖公会の要求で 1867年開催。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ランベスかいぎ【ランベス会議】

英国国教会を母教会とする全世界のアングリカン・チャーチ(聖公会)の主教たちによる協議会。カンタベリー大主教が招集者ならびに議長となり,10年に1度,ロンドンの大主教公邸(ランベスLambeth宮)を会場として開催される。世界各地に英国国教会の枝が独立管区として確立するとともに,聖公会全体の一体性を強化する必要が強まったため,1867年,カンタベリー大主教ロングリーCharles Thomas Longleyの招請により,76人の主教が集まって,第1回の会議を開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランベス会議
らんべすかいぎ

全世界の聖公会主教会議。10年ごとにロンドンのランベスLambeth宮殿においてカンタベリー大主教を議長として開催される。第1回は1867年に大主教ロングリーCharles Thomas Longley(1794―1868)の招聘(しょうへい)の下に76人の主教によって開かれた。最近では、1998年に第13回の会議が開かれ、およそ750人の主教が参加した。おもに教会の問題が協議され、決議を発表する。各国の聖公会に対し法的権威をもつものではないが、世界の聖公会の一致のうえに大きな貢献をしている。[曽根暁彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のランベス会議の言及

【教会合同】より

…これが近代のエキュメニズムの第一歩とされる。なおそれ以前にも聖公会がランベス会議(1888)で教会合同のための〈ランベス四綱領〉を発表している。エジンバラ会議の結果,常設の機関として国際宣教協議会(1921),生活と実践委員会(1925),信仰と職制委員会(1927)が成立した。…

※「ランベス会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ランベス会議の関連キーワード英国国教会バクスターイギリス国教会WCCNEBエピスコパリアン派非国教徒アングリカン・チャーチ英国国教会再建運動分離派(英国国教会)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone