コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランペドゥーザ島 ランペドゥーザとう Isola di Lampedusa

2件 の用語解説(ランペドゥーザ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランペドゥーザ島
ランペドゥーザとう
Isola di Lampedusa

イタリア南部,地中海マルタ島チュニジアとの間にあるペラジー諸島中の最大の島。シチリアアグリジェント県に属する。長さ約 11km,最大幅 3km,最高点 133m。古代から,地中海の海上交通の要地で諸民族の侵略が繰返され,のちイタリアの流刑地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランペドゥーザ島
らんぺどぅーざとう
Lampedusa

イタリア、シチリア島アフリカのチュニジアとの間に位置するペラージェ諸島Isole Pelagieの主島。北緯35度29分の同島ペッシェ・スパーダ岬はイタリア領最南端。面積20.2平方キロメートル、人口は北東の小島リノーサ島をあわせて5741(2001国勢調査速報値)。島内最高点は133メートルと低い。土壌の性質や水不足のため農業は振るわず、主要な生計手段は漁業である。先史時代ローマの遺跡がある。19世紀以降住民が定着した。シチリア島から205キロメートル離れるが、同島のアグリジェント県に属する。地中海の要衝で要塞(ようさい)があったため、第二次世界大戦中の1943年連合軍に爆撃された。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランペドゥーザ島の関連キーワードマルチーズイタリア半島突尼斯マルタ島地中海のための連合ガマルタゲララチュニス湖ラグレットラマルサ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ランペドゥーザ島の関連情報