コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランペドゥーザ島 ランペドゥーザとうIsola di Lampedusa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランペドゥーザ島
ランペドゥーザとう
Isola di Lampedusa

イタリア南部,地中海マルタ島チュニジアとの間にあるペラジー諸島中の最大の島。シチリア州アグリジェント県に属する。長さ約 11km,最大幅 3km,最高点 133m。古代から,地中海の海上交通の要地で諸民族の侵略が繰返され,のちイタリアの流刑地となった。南東海岸にあるランペドゥーザは,サンゴ,海綿採取やイワシの漁業基地。ブドウの栽培も行われる。面積約 21km2。人口 5626 (リノーザ島を含む。 1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランペドゥーザ島
らんぺどぅーざとう
Lampedusa

イタリア、シチリア島とアフリカのチュニジアとの間に位置するペラージェ諸島Isole Pelagieの主島。北緯35度29分の同島ペッシェ・スパーダ岬はイタリア領最南端。面積20.2平方キロメートル、人口は北東の小島リノーサ島をあわせて5741(2001国勢調査速報値)。島内最高点は133メートルと低い。土壌の性質や水不足のため農業は振るわず、主要な生計手段は漁業である。先史時代やローマの遺跡がある。19世紀以降住民が定着した。シチリア島から205キロメートル離れるが、同島のアグリジェント県に属する。地中海の要衝で要塞(ようさい)があったため、第二次世界大戦中の1943年連合軍に爆撃された。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android