リオ・グランデ・ド・スル[州](英語表記)Rio Grande do Sul

世界大百科事典 第2版の解説

リオ・グランデ・ド・スル[州]【Rio Grande do Sul】

ブラジル南部の州で,国土の最南端に位置し,アルゼンチンおよびウルグアイと国境を接する。州都ポルト・アレグレ。面積28万2184km2で,全国土の3.32%に相当し,人口は957万8600(1995)で,人口密度は34人/km2である。州域は北東部の山地および南東部の海岸山脈海岸平野に三分される。北東部のリオ・グランデ高原は所により標高は1000mを超える。南東部のリオ・グランデ楯状地は,海岸山脈に属し,500m台である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android