リッチフィールド(英語表記)Lichfield

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「リッチフィールド」の解説

リッチフィールド
Lichfield

イギリスイングランド中西部,スタッフォードシャー県南東部の都市。周辺を含めてリッチフィールド地区を構成する。バーミンガムの北約 25kmにあり,トレント川支流に臨む。住宅地帯と農牧地帯が広がり,各種小売業やサービス業,軽工業が行なわれる。8世紀前半に活躍した聖ベーダの『英国民教会史』Historia Ecclesiastica gentis Anglorum(731/732)に司教座所在地として記される古い町で,13世紀から 14世紀にかけて建造された大聖堂をはじめとする古い建築物や史跡が保存されている。詩人,辞書編纂者として知られるサミュエル・ジョンソンの生地で,その生家はジョンソン博物館となっている。地区面積 329km2。地区人口 9万2232(2001)。都市人口 2万7900(2001)。

リッチフィールド
Richfield

アメリカ合衆国,ミネソタ州南東部の都市。州都ミネアポリス南郊の住宅都市菜園温室栽培が盛ん。第2次世界大戦後急速に成長した都市で,付近にミネアポリス・セントポール国際空港がある。人口3万 5710 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「リッチフィールド」の解説

リッチフィールド【Lichfield】

イギリス,イングランド中部スタッフォードシャーの都市。人口2万5600(1981)。同市の領主権は,1548年都市ギルドの手に渡るまで長らくチェスター司教が所有していた。この間13~14世紀にかけて大聖堂が建造され,その身廊(1250‐80ころ)は初期イギリス様式と装飾様式の傑作で,ウェストミンスター・アベーの身廊との類似性がみられる。大ボールトは木造で架けられたもので副次的部材であふれ,石造では不可能な試みや装飾法が見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android