コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リヌッチーニ リヌッチーニ Rinuccini, Alamanno

2件 の用語解説(リヌッチーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リヌッチーニ
リヌッチーニ
Rinuccini, Alamanno

[生]1426
[没]1499
イタリアの文学者。ギリシア語に堪能で,プルタルコスの『英雄伝』の一部を含むギリシア語文献のラテン語訳がある。最も重要な著作は,ロレンツォ・デ・メディチの専制的支配を糾弾し,15世紀後半におけるフィレンツェの思想と行動の転換を明らかにした『自由に関する対話』 Dialogus de libertate。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リヌッチーニ
リヌッチーニ
Rinuccini, Ottavio

[生]1563.1.2. フィレンツェ
[没]1621.3.28. フィレンツェ
イタリアの詩人,オペラ台本作家。フィレンツェのカメラータの一人で,J.ペーリの『ダフネ』 Dafne (1594) ,『エウリディーチェ』 Euridice (1600) ,C.モンテベルディの『アリアンナ』 Arianna (08) など初期オペラの台本を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リヌッチーニの関連キーワードフィレンツェ方言フィレンツェ歌劇場管弦楽団フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団フィレンツェの思い出フィレンツェマラソンフィレンツェ五月音楽祭フィレンツェ人文主義フィレンツェ洗礼堂フィレンツェ・モザイクフィレンツェ風

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone