リヌッチーニ(英語表記)Rinuccini, Alamanno

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リヌッチーニ
Rinuccini, Alamanno

[生]1426
[没]1499
イタリアの文学者。ギリシア語に堪能で,プルタルコスの『英雄伝』の一部を含むギリシア語文献のラテン語訳がある。最も重要な著作は,ロレンツォ・デ・メディチの専制的支配を糾弾し,15世紀後半におけるフィレンツェの思想と行動の転換を明らかにした『自由に関する対話』 Dialogus de libertate。ほかに『M.パルメリウスの葬儀に際しての演説』 Oratio in funere M. Palmeriiなどがある。

リヌッチーニ
Rinuccini, Ottavio

[生]1563.1.2. フィレンツェ
[没]1621.3.28. フィレンツェ
イタリアの詩人,オペラ台本作家。フィレンツェのカメラータの一人で,J.ペーリの『ダフネ』 Dafne (1594) ,『エウリディーチェ』 Euridice (1600) ,C.モンテベルディの『アリアンナ』 Arianna (08) など初期オペラの台本を書いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android